コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルノフ Viktor Mikhailovich Chernov

大辞林 第三版の解説

チェルノフ【Viktor Mikhailovich Chernov】

1873~1952) ロシアの革命家。エスエル党の結成に加わり、その指導者となる。三月革命の後、臨時政府の農相をつとめるが、失脚。1920年亡命。アメリカで客死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルノフ【Dmitrii Konstantinovich Chernov】

1839‐1921
金属組織学創始期のロシアの冶金学者。ペテルブルグに生まれ,同地の実科工業学校を卒業。1866年オボコフ鋳鋼所鍛造工場の技師となり,ここで鋼の焼入硬化を生ずるに必要な臨界加熱温度の存在を見いだした。84年海軍技術委員会専門員,89年以後ミハイル砲術大学冶金学教授。1885年には鋼焼入れの臨界冷却温度も確定し,鋼の熱処理理論の基礎をつくった。鋼の鋳・鍛造,熱処理における肉眼および顕微鏡組織の変化を研究し,健全な鋼塊や微細結晶粒の鍛造品を生産する条件を解明して,ロシアの大砲製造技術の向上に寄与した。

チェルノフ【Viktor Mikhailovich Chernov】

1873‐1952
ロシアの革命家。エス・エル党の指導者農民出の小官吏の子に生まれ,ボルガ沿岸で育った。サラトフ中学時代に社会問題にめざめ,モスクワ大学在学中の1894年に逮捕された。ナロードニキ継承者を自認し,タンボフ県で農民工作を進めた。99年国外に出て,哲学,農業理論の諸論稿を発表し,認められた。後進資本主義国の進化の特殊な類型という問題をはじめて提起した点は,同時代レーニンと比して大きい功績である。1900年古参ナロードニキとともに農業社会主義連盟をつくり,01年のエス・エル党の結成に加わって,機関紙《革命ロシア》編集者となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチェルノフの言及

【鉄】より

…18世紀から19世紀にかけて鉄鋼の化学が技術に衝撃を与えたとすれば,19世紀から20世紀にかけては鉄鋼の物理化学と結晶構造学が技術に衝撃を与えた。1863年のH.C.ソルビーの炭素鋼から晶出および析出する結晶(フェライト,セメンタイト,パーライト,グラファイトなど)の顕微鏡による発見,マルテンスA.Martens(1850‐1914)の1878年論文の同じ発見,ロシアのD.K.チェルノフの1868年論文の樹枝状晶および結晶粒の成長に関する理論および焼入れ焼戻しの理論,F.オスモン(1849‐1912)の80年代の鉄の変態(α鉄,β鉄,γ鉄)の発見,オーステンW.Roberts‐Austen(1843‐1902)の97年論文の,そしてH.W.B.ローゼボームの1900年論文の鉄と炭素の状態図は,炭素鋼の凝固過程の晶出析出の全貌を明らかにした。その後はあらゆる合金鋼の状態図が調べられていくのである。…

【鋼】より

…19世紀に入るとベリマンの成果はドイツのカルステンKarl Johann Bernhard Karsten(1782‐1853),ランパディウスWilhelm August Lampadius(1772‐1842)らによって引き継がれ,高炉では吸炭が,精錬炉では脱炭が,浸炭法では吸炭が生じることなどが明らかにされた。また合金鋼に関するM.ファラデーの研究,鉄鋼の変態点に関するロシアのチェルノフDmitrii K.Chernov(1839‐1921)の研究,鉄鋼の顕微鏡組織に関するイギリスのソルビーHenry Clifton Sorby(1826‐1908)やドイツのマルテンスAdolf Martens(1850‐1914)の研究,鉄鋼の変態に関するフランスのF.オスモンの研究,鋼中の炭素の役割に関するイギリスのJ.O.アーノルドの研究,鉄鋼の状態図に関するイギリスのオーステンWilliam Roberts Austen(1843‐1902)やオランダのローゼボームHendrik Willem Bakhuis Roozeboom(1854‐1907)らの研究が相次ぎ,鋼の硬化と熱処理,組織,状態図との関係など,今日の鋼の物理冶金学の基礎が築かれた。鋼の組織の名前であるソルバイト,マルテンサイト,オーステナイト,トルースタイト,レーデブライトなどは,それらの先人の業績にちなんで命名された。…

【エス・エル党】より

…その中でテロルの復権をめざすアルグノフAndrei Aleksandrovich Argunov(1866‐1939)らのエス・エル同盟と,農民工作も否定せず,組織の結集をめざしていた初期エス・エル党とが1901年12月国外でのゲルシューニ,セリュークMariya Frolovna Selyuk(1872‐?),アゼフらの協議により合同を決め,これに亡命者たちが加わり,党が生まれた。党の機関誌《革命ロシア》の編集部にはチェルノフとゴーツMikhail Rafalovich Gots(1866‐1906)が入った。ゲルシューニはテロルを実行するエス・エル党戦闘団の組織化を試み,02年4月のシピャーギン内相暗殺ののちこれを党に公認させた。…

【ナロードニキ】より

…彼は,《祖国雑記》や《ロシアの富》誌などでの評論活動を通じて分業批判の進歩観,批判的主観主義を説いた。この哲学的立場から,すでに強力に登場したマルクス主義者と論争をかわす中で,ボロンツォフの絶対的衰退論の誤りを克服し,資本主義発展の後進国型論を生み出して,それを基礎に新しい革命的ナロードニキ主義,ネオ・ナロードニキ主義にすすめたのは,20世紀初めのV.M.チェルノフエス・エル党の人々であった。 ナロードニキ主義はそれを広く考えれば,マルクス主義と並んで,20世紀の後進地域にみられる民衆的革命思想の一つの巨大な流れとして,孫文からキムジハ(金芝河)までを含めて考えることができよう。…

【ロシア革命】より

…5月末に開かれた第1回全ロシア農民大会がエス・エル党の指導下に憲法制定会議で〈土地社会化〉を実現することを決議すると,郷委員会に結集する農民はただちにこれを実現してよいと判断されたものと受けとった。エス・エル党の指導者V.M.チェルノフが農相のポストにあったが,連立の条件にしばられて,農民のこの意欲にこたえる施策を打ち出せなかった。彼がわずかに決定した土地売買・質入れの禁止も,地主である首相以下の強い反発を招いた。…

※「チェルノフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェルノフの関連キーワードグリゴリイ ゲルシューニイワノ・フランコフスクミクリチ=ラデツキパウル ツェラーンチェルノフツイ州チェルノフツイチェルニウツィフメリニツキープルート[川]チェルノフツィゲルシューニエス・エル党ウクライナツェラーン社会革命党エールリヒ東部戦線ブコビナ臨時政府プルト川

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android