コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴガニ Ilyoplax pusilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴガニ
Ilyoplax pusilla

軟甲綱十脚目コメツキガニ科。甲幅 1cmほどの小型種で,河口付近の干潟に群生する。甲は横長の四角形で後方がやや狭く,砂に似た色彩であるが,左右同大の鋏は白い。各歩脚と鋏脚の長節には「鼓膜」がある。干潮時に多数の個体が一斉に鋏を振り上げてはおろす運動をする。陸上生活への適応度が高く,干潮の間はずっと巣穴の外で活動し,なわばりの周囲に障壁を築いたりして他個体の侵入を防ぐ。東京湾以南,九州,大韓民国(韓国)南西岸まで分布する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴガニ
ちごがに / 稚児蟹
[学]Ilyoplax pusilla

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。東京湾から九州まで分布するほか、朝鮮半島の黄海沿岸にも多い。甲幅約1センチメートルの小形種で、甲は後方がやや狭い横長の四角形で、甲面が平たい。眼柄(がんぺい)が著しく長い。眼窩(がんか)外歯は小さくとがり、その直後の甲の前側縁に小さな切れ込みが一つある。はさみ脚(あし)は雌雄とも同大。歩脚の長節には薄膜からなる「鼓膜」がある。淡水の影響が強い内湾の干潟に群れをなしてすむが、それぞれの個体が巣穴の周囲の一定の広さを縄張り(テリトリー)としているため、過密状態になることはない。雌雄とも、はさみ脚の上下運動をする。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチゴガニの言及

【コメツキガニ(米搗蟹)】より

…北海道南部から沖縄,黄海沿岸,シンガポールから知られている。干潟の淡水が流れ込むあたりにはチゴガニIlyoplax pusillaが群れをなしており,大きさも同じだが,コメツキガニと違って,巣穴の周囲20cmほどの縄張はつねに一定している。コメツキガニと同じようなはさみの上下運動をするが,ほとんどの個体がほぼ同時に繰り返す。…

※「チゴガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チゴガニの関連キーワード雌雄甲類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チゴガニの関連情報