コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴハヤブサ Falco subbuteo; Eurasian hobby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴハヤブサ
Falco subbuteo; Eurasian hobby

ハヤブサ目ハヤブサ科。全長 28~35cm。背面灰黒色,下面はクリーム色の地に黒色の縦斑がある。腿,腹,下尾筒は赤みのある栗色だが,幼鳥では白い。北アフリカ北部からユーラシア大陸の温帯冷帯に広く繁殖分布し,アフリカと,中国南部からインドシナ半島に渡って越冬する。日本では東北地方北部から北海道の森林に少数が繁殖している。本州以南では冬鳥(→渡り鳥)であるが,数は少ない。平地から山地の森林,草原,農耕地など比較的開けた環境に生息し,おもに小鳥類や昆虫類,コウモリなどを飛びながら捕食する。高速で飛ぶツバメアマツバメをとることもある。「きっきっ」と鋭い声で鳴く。(→タカ猛禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴハヤブサ
ちごはやぶさ / 稚児隼
hobby
[学]Falco subbuteo

鳥綱タカ目ハヤブサ科の鳥。ユーラシア中部と北アフリカの一部で繁殖し、冬は南へ渡るものもある。日本では本州北部以北で繁殖、冬季は全国的にみられる。全長約30センチメートル。翼はとがり飛翔(ひしょう)は速く、飛んでいるほかの鳥を襲ってとらえる。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチゴハヤブサの言及

【ハヤブサ(隼)】より

…それ以後は雌も狩りに出かける。 日本には,ハヤブサのほかに,やや小型のチゴハヤブサF.subbuteo(英名hobby)(イラスト)が一年中生息する。この種は小鳥とセミなどの大型昆虫をとる。…

※「チゴハヤブサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チゴハヤブサの関連キーワード高野伸二

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チゴハヤブサの関連情報