コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チセヌプリ チセヌプリ

2件 の用語解説(チセヌプリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チセヌプリ
チセヌプリ

北海道南西部,共和町と蘭越町の境にある火山。標高 1135m。山岳名はアイヌ語で「家形の山」を意味する。ニセコアンヌプリ火山群の西部を占める溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。輝石安山岩の岩層流によって形成された北側の緩斜面には,大谷地,神仙沼,長沼などの湿原や沼沢地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チセヌプリ
ちせぬぷり

北海道西部、後志(しりべし)総合振興局管内の共和町と蘭越(らんこし)町の境界にある山。標高1135メートル。ニセコ火山群のうちイワオヌプリ火山群に属す溶岩円頂丘で、橄欖(かんらん)石両輝石安山岩よりなる。北側に長沼泥流による緩やかな斜面が開け、南麓(なんろく)にはニセコ湯本(ゆもと)温泉やチセヌプリスキー場がある。ニセコ積丹小樽(しゃこたんおたる)海岸国定公園の一部である。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チセヌプリの関連キーワード北海道磯谷郡蘭越町栄北海道磯谷郡蘭越町清水北海道磯谷郡蘭越町トンカラ北海道磯谷郡蘭越町日出北海道磯谷郡蘭越町三笠北海道磯谷郡蘭越町水上北海道磯谷郡蘭越町港町北海道磯谷郡蘭越町湯里北海道磯谷郡蘭越町北海道磯谷郡蘭越町蘭越町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone