コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チダイ Evynnis tumifrons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チダイ
Evynnis tumifrons

スズキ目タイ科の海水魚。体長約 40cm。体は強く側扁し,いわゆるタイ形。両顎の側方に 2列の臼歯がある。背鰭の第3,4棘は長く,糸状に伸びている。体は赤色で下方は淡く,体側に青色の小斑点が多数散在する。越冬場はマダイより深い。マダイに次いで美味とされる。北海道以南,朝鮮半島南部,中国,台湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チダイ

タイ科の魚。地方名ハナッコ,ハナダイ,チコダイなど。全長45cmに達する。北海道南部〜東シナ海に分布。マダイ(タイ)によく似ているが,尾びれ後縁が黒く縁取られていないことで区別できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チダイ

 [Evynnis japonica].スズキ目タイ科マダイ亜科の海産魚.全長40cmほどになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チダイ
ちだい / 血鯛
crimson sea bream
[学]Evynnis japonica

硬骨魚綱スズキ目タイ科マダイ亜科の海水魚。関東地方の沿岸では、小形のものをハナダイとよぶところがある。北海道南部以南の日本各地、東シナ海に分布するが、南西諸島にはいない。体は高く楕円(だえん)形で、強く側扁(そくへん)する。眼下幅は広く、両眼間隔域は隆起する。犬歯は上顎(じょうがく)前部に2対、下顎に3対ある。上下両顎側部に弱くて小さい2列の臼歯(きゅうし)がある。背びれ第3、4棘(きょく)の先端部は柔らかく、やや長くて糸状。
 一見、マダイと似ているが、マダイは全長1メートル以上になり、チダイは45センチメートルまでである。体は赤色で、腹部は淡紅色。主鰓蓋骨(さいがいこつ)縁辺の膜は濃赤色。体側上半部にコバルト色の小斑点(しょうはんてん)が不規則に数列散在する。尾びれは赤い。背びれの長さ(マダイは短い)、尾びれ後縁の色(マダイは黒い)でマダイとチダイは区別できる。やや沖合いの岩礁と砂礫(されき)の境に生息する底層遊泳魚である。肉食性。卵は分離浮性卵で、直径0.91~1.10ミリメートル、油球は1個。水温は20℃で2日で孵化(ふか)。産卵期は9~11月。一本釣り、延縄(はえなわ)、定置網、底引網などで漁獲される。肉は白身で、刺身、吸い物、焼き物、煮物などで賞味される。祝宴などにはマダイのかわりに珍重される。近縁種に北西アフリカ産のカナリーチダイがある。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チダイの関連キーワードコショウダイ(胡椒鯛)パンチカパイオンオレンジラフィーアゲシラオス2世ペリアンドロスチダイ(血鯛)アルキビアデスオリュントスショアダイブフォルミオンヒウチダイタイ(魚)ヒレコダイハシキンメメイチダイギンダイニチダイ陸エンキダイ鰭小鯛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チダイの関連情報