コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチェーリン Georgii Vasil’evich Chicherin

世界大百科事典 第2版の解説

チチェーリン【Georgii Vasil’evich Chicherin】

1872‐1936
ソ連邦の外交官。タンボフ県の古い貴族の家に,退役外交官を父に,外交官の娘を母にして生まれる。少年時代から社会的矛盾に悩み,ペテルブルグ大学卒業後,隠遁のため外務省文書館に勤務。その後革命運動に接近し,国外でボリシェビキメンシェビキの双方に接触。ベルリンで逮捕,追放の後,ロンドンでロシア革命を迎える。1918年1月帰国し,すぐブレスト・リトフスクでの交渉に参加。このとき正式に共産党に入党し,病気を理由に退官する30年まで外務人民委員(外務大臣)の要職にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チチェーリンの関連キーワードチチェーリン(Georgiy Vasil'evich Chicherin)カベーリン(Konstantin Dmitrievich Kavelin)チチェーリン(Boris Nikolaevich Chicherin)ゲオルギイ チチェーリンブレスト・リトフスクジェノバ会議ザーパドニキリトビーノフ西欧派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android