コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チトー主義 チトーしゅぎ Titoism

翻訳|Titoism

2件 の用語解説(チトー主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チトー主義
チトーしゅぎ
Titoism

ソ連型社会主義を修正するものとしていわれた言葉で,直接的にはユーゴスラビア型社会主義および同国大統領チトーの内外政策をいう。第2次世界大戦後,自力で国を解放したとの意識に燃えるユーゴは,ソ連による指導の押しつけや不平等な経済関係を拒絶し,1948年にコミンフォルムから除名されたが,圧力に屈せずその後独自の社会主義路線を建設した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チトー主義
ちとーしゅぎ
Titoism

旧ユーゴスラビアの大統領チトーの名にちなんだ用語。1948年ユーゴスラビアは、その政策において右翼的・民族主義的な傾向を帯び、修正主義に陥ったとしてコミンフォルムから除名される。以後この用語は、チトーをはじめ、スターリンによって修正主義者であるときめつけられた人々について用いられた。
 第二次世界大戦後の社会建設においてはむしろ当時のソ連の姿に忠実であったユーゴスラビアは、このコミンフォルムの非難にまっこうから対立した。この対立の根源は、第二次世界大戦中独力で解放闘争を進めたユーゴスラビアが戦後も独自の内外政策を行った点にある。そして、ソ連との経済・軍事協力の際の不一致やユーゴスラビア国内における農業集団化の不徹底などに対して不満を抱いていたスターリンは、バルカン連邦構想などの独自の外交政策を進めたことに激怒し、ユーゴスラビアを社会主義陣営から追放することとした。しかしスターリンの死後は社会主義への道の多様性がいちおう認められるようになり、フルシチョフのユーゴスラビア訪問を経てユーゴスラビアに対する社会主義陣営内部における評価も回復した。長らく激しいチトー主義批判を続けてきた中国とも、1977年のチトーの訪中にもみられるように、関係が改善された。
 チトー主義の語は、コミンフォルムからの追放以後明確に打ち出されたユーゴスラビア独自の社会主義路線、すなわち国内における自主管理と外交面における非同盟の路線を示す語としても用いられた。自主管理とは、労働者が直接的にまたは労働者評議会等を通じて間接的に企業を管理すること。さらにコミューンや共和国の役割や権限を強化することによって社会全体の自治を強化することを理念とする制度であった。またそこでの共産主義者同盟(1952年共産党から改称)の役割は、大衆を指導することではなくそれを説得し教育することにあるとされた。一方、非同盟政策は、第三世界の諸国とともにブロック化に反対し、積極的な平和共存による緊張緩和を目ざすものであった。[越村 勲]
『ヴィンテルハルテル著、田中一生訳『チトー伝――ユーゴスラヴィア社会主義の道』(1972・徳間書店) ▽加藤雅彦著『ユーゴスラヴィア――チトー以後』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チトー主義の関連キーワード一国社会主義科学的社会主義議会主義社会主義神髄ソ連ナチズム社会主義革命社会主義研究会主義者二段革命

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone