チモシー(英語表記)Phleum pratense; timothy grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チモシー
Phleum pratense; timothy grass

イネ科の多年草で,ヨーロッパ原産。牧草として有名で,アメリカをはじめ世界の牧畜国で広く栽培されている。オオアワガエリとも呼ばれ,日本には明治初期に輸入され,牧場近くの各地に帰化している。茎は太く短い根茎から直立し,高さ 50~100cm。葉は細長い線形で鋭くとがり,長さ 15~60cm,幅6~10mm。夏,茎の先に細長い円柱形で長さ5~15cmの花穂を出し,淡緑色小穂を密につける。小穂は長楕円形で長さ3~4mm,ほとんど柄がない。外側の2枚の包穎は同形同大,中央脈に沿って2つ折りとなり,脈の先は長さ 1mm内外の太い芒 (のぎ) となる。水盤に多数の種子をまいて発芽させ,鮮緑色で糸のような芽生えを観賞することがあり,そのときはキヌイトソウとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チモシー(timothy)

イネ科の多年草。高さ約1メートル。夏、茎の先に細長い円柱状の花穂をつける。明治の初めに牧草として輸入されたが、現在は各地に自生。発芽したものは鮮緑色で、絹糸草とよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チモシー

オオアワガエリとも。イネ科の多年草。明治初期に牧草としてヨーロッパから移入された。おもに北海道,本州北部で栽培され,また野生化している。高さ60〜90cm,茎や葉は比較的柔らかく,茎の基部は太くなる。円柱状の花穂をもち,6〜8月に開花。小穂は1小花のみからなる。日本には一年草で小型のアワガエリが自生する。
→関連項目飼料作物牧草

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チモシー【timothy】

牧草として栽培されるイネ科の多年草。和名をオオアワガエリという。ヨーロッパの原産だが,牧草としてはアメリカから広まり,日本には明治初期に北海道に導入された。北海道や東北地方を中心に栽培されるが,道ばたや空地に野生化もしている。草丈は50cm~1m。晩春から初夏に円柱状の穂を出す。穂は5~15cm,小穂が密につき,淡緑色でやや紫色を帯びる。小穂は長さ3mmほどで1小花よりなる。種子はきわめて小さく軽く,1000粒で約0.5gである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チモシー【timothy】

イネ科の多年草。ヨーロッパ原産。明治初年に牧草として渡来し、各地に野生化している。茎は高さ約1メートルで、線形の葉を数個互生。夏、茎頂に緑色で円柱形の花穂をつける。苗は絹糸草と呼ばれ、観賞用とされる。オオアワガエリ。ティモシー。 → 絹糸草

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チモシー
ちもしー
timothy

イネ科の多年草であるオオアワガエリの英名。牧草とする。同属のものにアワガエリやミヤマアワガエリがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

チモシー

〘名〙 (timothy) 植物「おおあわがえり(大粟反)」の牧草としての名。《季・夏》
※平民ワシントン(1923)〈花岡敏夫〉七「クローバーやチモシーなどのまぐさにもなり土地の肥にもなる雜を蒔いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android