チャガタイ・ハーン国(読み)チャガタイハーンこく

百科事典マイペディアの解説

チャガタイ・ハーン国【チャガタイハーンこく】

中央アジアのモンゴル王朝。チャガタイ・ハーンを始祖とする。初期のうちはオゴタイ・ハーン国ハイドゥに支配されたが,1306年オゴタイ・ハーン国の所領を併合。やがて東西に分裂。西部はティムールに併合されたが,東方には遊牧政権が残り,17世紀まで存続。→モンゴル帝国
→関連項目四ハーン国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android