コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャッキラコ

デジタル大辞泉プラスの解説

チャッキラコ

神奈川県三浦市三崎に伝わる民俗芸能。小正月の1月15日に海南神社でまず披露されたのち、町内の家々を巡り披露される。「チャッキラコ」は踊り手の少女たちが手にもつ綾竹のこと。「左義長の舞」「初瀬踊」ともいう。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃっきらこ【チャッキラコ】

神奈川県三浦市三崎町で,漁港の総鎮守海南神社の1月15日の祭りに,少女が踊る踊りの総称とその演目の名称。〈チャッキラコ〉は,2本の小切子こきりこ)(綾竹)を打ち合わせる音から転訛した名称で,〈左義長(さぎちよう)の舞〉〈ひやり踊〉〈よささ〉などとも称した。本来,正月の晴着で,中年以上の女性の歌にあわせて踊るものであったが,千早(ちはや)に緋の袴,金色の前折烏帽子の仕度で踊ったこともある。《ハツイセ》《チャッキラコ》《二本踊》《よささ節》《鎌倉節》《お伊勢参り》の6曲あるが,《チャッキラコ》以外は扇を持ち,2列に向かい合って立ったり,円陣をつくって踊る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャッキラコ
ちゃっきらこ

神奈川県の海南神社(三浦市三崎)の1月15日の祭りに踊られる小歌(こうた)踊。花暮(はなぐれ)と仲崎(なかさき)地区の7歳から13歳ぐらいまでの少女約20名で踊るが、歌は中年の女性たちが受け持つ。伝承曲目は『ハツイセ』『チャッキラコ』『二本踊』『よささ踊』『鎌倉節』『お伊勢(いせ)参り』の6曲。2本のこきりこ(綾竹(あやたけ))をチャッ・キラ・コと打ちながら踊るところから出た名称という。他の曲は無伴奏。『お伊勢参り』は柄杓(ひしゃく)を持って踊り、伊勢参宮の風俗を写したものと思われる。その他は扇踊形式。阿国歌舞伎(おくにかぶき)の前身ややこ踊との関連が考えられるが不詳。明治末ごろから白拍子(しらびょうし)風の扮装(ふんそう)になったが、今日では昔に戻して晴れ着で踊る。国の重要無形民俗文化財(1976)に指定された。[西角井正大]
 また、2009年(平成21)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャッキラコの関連キーワード神奈川県三浦市三崎三崎(神奈川県)神奈川県三浦市無形文化遺産三浦(市)世界遺産神奈川県拍子木綾踊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android