コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガ(栂) ツガTsuga sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツガ(栂)
ツガ
Tsuga sieboldii

マツ科の常緑高木の一つで,日本の中部以南の山地に生育する。別名トガ,ツガマツ。幹の高さ 30m,径 1mに及ぶ。樹皮は深く縦に割れ,葉は枝にほぼ2列に並んで生じ,扁平な線形で長さ1~2cmあるが長さはふぞろいである。先端がわずかにくぼんでいて,樹脂道は下側の中央に1個だけある。雌雄同株球果は下垂する。パルプ材として利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツガ【ツガ(栂) Japanese hemlock】

トガともいう(イラスト)。暖地の尾根などに生えるマツ科の常緑高木で,樹冠に密につく細かい枝葉が光を反射し,遠望すると淡緑色に見える。高さ35m,直径1mに達し,太枝が長く伸びて低い円錐形の樹冠をつくる。幹の樹皮は灰褐色で亀甲(きつこう)状に裂ける。一年枝は細く上半が垂れ,無毛。冬芽は先が少しとがる。針葉は線形で長さ8~22mm,枝の上面のものはやや短い。葉基部の葉枕(ようちん)は顕著で落葉後もながく残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android