コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツドリ Cuculus optatus; oriental cuckoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツツドリ
Cuculus optatus; oriental cuckoo

カッコウ目カッコウ科。全長 30~32cm。頭部と上面は灰青色だがやや黒みが強く,胸以下の下面は白色で,黒い横斑がある。雌には背面が赤褐色の赤色型もある。ロシア中部からカムチャツカ半島東アジア繁殖し,フィリピンインドネシアの島々,オーストラリア北部などで越冬する。日本には 4月中旬に夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,低山帯や高原の林にすむ。昆虫類,特に毛虫を好んで食べる。カッコウホトトギスのようにほかの鳥の巣に托卵する。おもにセンダイムシクイメボソムシクイの巣を利用するが,その他多くの小鳥の巣を利用した記録もある。「ぽぽ,ぽぽ,ぽぽ」という声で鳴く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツツドリ

ホトトギス科の鳥。翼長20cm。カッコウに似るが,腹面横縞(じま)の幅が広い。シベリア南東部,日本,中国大陸北部,アフガニスタンヒマラヤ等で繁殖。冬はマレー諸島,オーストラリア等に渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツツドリ
つつどり / 筒鳥
Himalayan cuckoo
[学]Cuculus saturatus

鳥綱ホトトギス目ホトトギス科の鳥。全長33センチメートル、体上面と胸は青灰色で、腹は黒と白の横縞(よこじま)である。大きさ、羽色ともにカッコウに似るが、体上面がやや暗色で、下面の黒い横縞はより太い。アジア東部で繁殖し、秋冬季には東南アジアやオーストラリアに渡る。日本には4月下旬ごろに渡来し、北海道から九州にかけての各地で繁殖する。よく茂った森林にすみ、「ポーポー、ポーポー」と鳴く。カッコウやホトトギス同様、自分では巣をつくらずに、おもにムシクイ類の巣に卵を産み込み、その巣の主に抱卵や育雛(いくすう)を任せる。小さな卵を産むムシクイ類に托卵(たくらん)することに応じて、日本で繁殖する4種のホトトギス類ではもっとも小さい卵を産む。卵は白地に褐色斑(はん)が散在している。巣立ち前後の雛(ひな)は全体に黒い。主食は昆虫、とくに毛虫である。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツツドリの関連キーワードホトトギス(杜鵑∥時鳥∥不如帰)カッコウ(郭公)ウグイスポーポーヤブサメ呼子鳥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツツドリの関連情報