コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツトガ Ancylolomia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツトガ
Ancylolomia japonica

鱗翅目メイガ科。前翅長 10~18mm。前翅は灰黄褐色で細長く,翅頂はやや突出し,外縁は中央でやや湾入する。縁毛は基半が暗灰色,外半は金色に輝く。後翅灰白色で前翅より幅広い。触角は雄では櫛状,雌では糸状成虫は夏季普通にみられ,灯火にも集る。本州,四国,九州,屋久島分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツトガ

鱗翅(りんし)目メイガ科の1種。開張30mm内外,体,前翅は黄灰色で鉛色白色斑紋がある。後翅は白色。雌は雄より大きく,やや淡色。日本全土,朝鮮,中国,台湾,フィリピンインドに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツトガ
つとが / 苞蛾
[学]Ancylolomia japonica

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科の総称。この科は、はねの開張25~35ミリメートル。はねは細長く、前翅頂はとがり、その外縁は中央ですこしへこむ。前翅には細い赤褐色の縦線が無数にあり、中室の下縁は黄白色、外縁部に銀白色帯がある。雌は雄より大きく、はねの色が淡色。北海道から琉球(りゅうきゅう)諸島まで各地に多い。国外では、台湾、朝鮮半島、シベリア東部から中国に分布する。幼虫はおもに芝生に寄生する。土中に糞(ふん)や枯れ葉のくずを糸で紡いで苞(つと)をつくり、その中から食害する。若齢幼虫で越冬し、初夏に蛹化(ようか)する。成虫は7~9月に出現し、よく灯火に飛来する。芝生に発生すると、葉の色が悪くなり、生葉がなくなってしまうことがある。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツトガの関連キーワード井上螟蛾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android