コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバキ(椿) ツバキCamellia japonica

3件 の用語解説(ツバキ(椿)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバキ(椿)
ツバキ
Camellia japonica

ツバキ科の常緑高木または低木。北海道を除く日本各地の,おもに海岸付近の照葉樹林中に自生するヤブツバキC. japonica var. japonicaから改良された園芸品種の総称で,古くから広く各地の庭園に栽植され,明治以降は欧米でも多くの品種がつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツバキ(椿)【ツバキ】

北海道を除く日本全土と中国,朝鮮半島に分布するツバキ科の常緑高木。日本の代表的な花木で,500余りの園芸品種があり,庭木として世界各地でも栽植されている。日本に自生するのは,海岸地方に分布するヤブツバキ(ヤマツバキとも),東北〜北陸地方の多雪地帯の山中にはえるユキツバキ,屋久島などにはえるリンゴツバキ(ヤクシマツバキ)の3系統が知られる。
→関連項目指標植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツバキ【ツバキ(椿) common camellia】

日本の花木を代表するツバキは,ツバキ科の中でも観賞植物として最も広く利用され,親しまれている。常緑高木で,冬から春にかけて開花する。中国名は山茶,海石榴。 木は高さ18m,太さ(直径)50cmに達するものもあって,長命である。枝は無毛。葉は楕円形または長楕円形,長さ6~12cm,幅3~7cmで,縁に上向きの細かい鋸歯があり,表面は緑色で光沢がある。花は枝先の芽の苞葉腋(ほうようえき)に普通1個つき,柄がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のツバキ(椿)の言及

【八百比丘尼】より

…八百比丘尼の像は,花の帽子をかぶり,手に玉と白椿の花をもっている座像である。ツバキは東北地方の海岸部に森となって繁茂し,そこは聖域とみなされている。ツバキは春の木であり,この木が春の到来を告げるものという信仰があったと想像されている。…

※「ツバキ(椿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone