椿油(読み)ツバキアブラ

大辞林 第三版の解説

つばきあぶら【椿油】

ツバキの種子からとれる不乾性油。主に髪油に用い、また、食用油ともする。伊豆諸島・九州南部が主産地。つばきゆ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椿油
つばきあぶら
tsubaki oilcamellia oil

ツバキの種子から圧搾法により採油される不乾性油。産額は少ないが日本の特産油で、伊豆諸島、九州南部が有名である。種子の含油量35%程度。ヨウ素価80~85。凝固点は低く、零下10℃で一部分、零下15℃で全部が凝固する。主要成分脂肪酸はオレイン酸で含有量は80~90%。リノール酸を2~6%、飽和脂肪酸を10%程度含んでいる。オレイン酸原料としてはオリーブ油に勝る。リノール酸の含有量が少ないから、自動酸化しにくい。このために日本では古くから頭髪用油として用いている。食用油としての用途もある。油かすは、サポニンを含み洗浄作用をもっているが、肥料としても使われる。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android