コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバメシジミ Everes argiades

3件 の用語解説(ツバメシジミの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツバメシジミ【Everes argiades】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫(イラスト)。小型で開張2.3~3.4cm。後翅に短い尾状突起があり,これがツバメの尾を思わせるところからこの名がある。雄の表面は明るい青色であるが,雌では暗褐色の部分が広がり,青色の部分が退化する。ヨーロッパから中国にかけてのユーラシア大陸,日本のほか北アメリカにも分布する。日本では北海道から九州にかけて広く分布し,南限は屋久島。明るい草地にすみ,堤防,草刈地,河原などのほか,牧草地,耕作地周辺の路傍,ときに庭園にも発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバメシジミ
ツバメシジミ

シジミチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバメシジミ
つばめしじみ / 燕小灰蝶
short-tailed bluebloxworth bluetailed cupid
[学]Everes argiades

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。ユーラシア大陸に広く分布する種で、日本でも全国各地に普通、吐(とから)列島以南の南西諸島には土着しない。和名は、後ろばねの尾状突起をツバメの尾に見立てて名づけられた。はねの開張25ミリメートル内外。早春より秋まで数回の発生を繰り返し、多化性。路傍、草原、河岸、堤、畑地などの草地にみられ、低く飛び採集は容易、各種の草花で吸蜜(みつ)する。幼虫の食草はメドハギその他のハギ類、クサフジ、エンドウ、シロツメクサ、コマツナギなどのマメ科で、新芽、花蕾(からい)、実などを食べる。
 本種に近似のものにタイワンツバメシジミE. lacturnusがあり、これは四国、九州(種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)を含む)、沖縄本島に産する。本州では和歌山県下にその生息地が知られるのみ。いずれの産地でも発生地は局部的である。幼虫の食草はマメ科のシバハギ。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツバメシジミの関連キーワードウラナミシジミゴマシジミミドリシジミヤマトシジミカラフトルリシジミゴイシツバメシジミルーミスシジミ紅小灰蝶小灰蝶シジミチョウ(蜆蝶∥小灰蝶)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツバメシジミの関連情報