コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツユクサ

3件 の用語解説(ツユクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツユクサ

ボウシバナとも。ツユクサ科の一年草。日本全土,東アジアに分布。平地に群生する。茎は枝分れして地面をはい,先は立ち上がって高さ10〜50cm,卵状披針形の葉が2列に互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツユクサ【Commelina communis L.】

路傍や荒地のやや湿った場所にふつうに生えるツユクサ科の一年草(イラスト)。アオバナボウシバナともいう。古くはツキクサと呼んだ。茎は高さ10~50cmで下部は倒伏し,盛んに枝を分かつ。葉は互生し,長さ5~7cm,卵状披針形で鋭尖頭,平行脈が著しい。基部は膜質の鞘(さや)となり茎をつつむ。6~8月に青紫色の花を咲かせる。花は苞葉に包まれた短い花序に数個つくが,1個ずつ咲くので一輪咲きに見える。苞葉は二つに折りたたまれてぴったりとくっつき,無毛または両側に毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツユクサ
つゆくさ / 露草
[学]Commelina communis L.

ツユクサ科の一年草。茎の下部は地面をはい、先は立ち上がり、高さ20~50センチメートルになる。葉は広披針(こうひしん)形で先はとがり、長さ5~8センチメートルで幅1~2.5センチメートル、基部は鞘(さや)となって茎を抱く。花期は7~9月。包葉は中央脈から二つに折れた半円形で長さ2~3センチメートルあり、中に集散花序をつける。花は一つずつ包葉の外に出て開き、1日でしぼむ。萼片(がくへん)は3枚あり、白色。花弁は3枚あるが、そのうち2枚が大きく、青色、円形で径は約1センチメートル。他の1枚は白色、披針形で長さ約0.5センチメートル。別名のアオバナ(青花)はこの花色に由来し、またもう一つの別名ボウシバナ(帽子花)は包葉の形に由来する。稔性(ねんせい)の雄しべは2本あり、花糸は細長い。ほかに葯(やく)が退化変形した仮雄蕊(かゆうずい)が4本あり、このうち1本は花糸が長く、他の3本は短い。花が終わると花柄が曲がってふたたび包葉の中に入り、そこで子房が熟し(さくか)となる。子房は3室で、そのうち1室は不稔で、他の2室に2個ずつの胚珠(はいしゅ)をつける。果は褐色となり二つに割れる。種子は黒褐色で、表面にいぼ状の突起がある。庭や道端に雑草として生え、日本全土、東アジアに広く分布する。
 近縁のマルバツユクサは、包葉の縁(へり)が合着して漏斗(ろうと)状になっている。秋、地中に多数の閉鎖花をつくる。関東地方以西の海岸、東南アジア、アフリカに分布する。
 またオオボウシバナはツユクサの園芸品で、花弁が大きく径4センチメートルくらいある。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツユクサの関連キーワード荒地野菊雄宝香栴檀草姫射干水杉山芹高野蕨雀萱山藺ルーデラル岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツユクサの関連情報