コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリバナ(吊花) ツリバナEuonymus oxyphyllus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリバナ(吊花)
ツリバナ
Euonymus oxyphyllus

ニシキギ科の落葉低木または小高木。日本のほか朝鮮半島,中国などアジア東部の冷温帯に広く分布する。山地に普通に生える。葉は対生し,長さ5~10cmの卵形または長楕円形で細かい鋸歯がある。6月頃,まばらな集散花序を腋生し,垂下する長い花柄の先端に白色の小さな5弁花をつける。 蒴果は径 1cmあまりの球形で長い柄で垂れ下がり,熟すると5つに開裂して朱赤色の種子を出す。和名は花が垂れ下がっていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツリバナ(吊花)の関連キーワードニシキギ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android