コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルウメモドキ

百科事典マイペディアの解説

ツルウメモドキ

ニシキギ科のつる性の落葉低木。日本全土,東アジア山野にはえる。葉は楕円形で毛がなく,先はとがり,縁には低い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。5〜6月,葉腋や枝先に径約7mmの淡黄緑色の5弁花を多数を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツルウメモドキ【Celastrus orbiculatus Thunb.】

山野に普通なニシキギ科のつる性落葉低木。ツルモドキともいう。葉は互生し,楕円形で長さ5~10cm,鋸歯があって毛がなく,先はやや急に細くなってとがる。雌雄異株で,花は淡緑色小型,直径約7mm。花期は5~6月ころ。雄花は5枚の花弁と5本のおしべがあり,めしべはごく小さく退化している。雌花は5枚の花弁と短い5本のおしべと,1本のめしべがある。果実は球形で直径約8mm。秋に熟して割れると,中から橙赤色の仮種子に包まれた種子が現れて美しいので,よく生け花の材料としても用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルウメモドキ
つるうめもどき / 蔓梅擬
[学]Celastrus orbiculatus Thunb.

ニシキギ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。枝は褐色を帯びる。葉は互生し、楕円(だえん)形で長さ5~10センチメートル。雌雄異株。5~6月、腋生(えきせい)の集散花序をつくり、5数性の淡緑色花を開く。果実は球形で橙(だいだい)色、3裂する。北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国、南千島に広く分布し、変異に富む。変種テリハツルウメモドキは葉は小さく光沢があり、山口県、九州に分布する。別の変種イヌツルウメモドキ(オニツルウメモドキ)は葉裏の脈上に突起があり、北海道、本州、および朝鮮半島に分布する。果実をつけた枝をいけ花に用いる。
 ツルウメモドキ属は世界に30種あり、日本には本種のほかに2種が分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルウメモドキの関連キーワードトンボエダシャク(蜻蛉枝尺)オオツルウメモドキトンボエダシャクワタアブラムシエダシャク蔓擬