コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツレサギソウ Platanthera japonica (Thunb.) Lindl.

2件 の用語解説(ツレサギソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツレサギソウ【Platanthera japonica (Thunb.) Lindl.】

日本の低山の草地に散見するラン科の地生ラン。強い香りがある。根茎および塊根はあまり肥厚せず,横走する。茎はこの属ではやや高く,35~60cm。葉は5~7枚が互生する。下部の4~6枚の葉はほぼ同大で楕円形,長さ10~16cm。5~6月,乳白色の花を10数花,やや密につける。花は径約1.5cm。背萼片と花弁はかぶと状。側萼片は後方に開出し,唇弁はぶら下がる。長さ3~4cmの比較的長い距がある。北海道から九州までの日本各地,さらに中国,ネパールに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツレサギソウ
つれさぎそう / 連鷺草
[学]Platanthera japonica Lindl.

ラン科の多年草。塊茎および塊根はあまり肥厚せず、横走する。茎は高さ30~60センチメートル。葉は5~8枚互生し、狭長楕円(だえん)形で長さ10~15センチメートル。上部の葉はだんだん小さくなる。5~6月、径1.2センチメートルの白色花を約10個開く。距(きょ)は長く、長さ約3センチメートル。北海道南部から九州の温帯の草原に生え、中国、ヒマラヤに分布する。名は、花形がサギソウに似ており、群れて花を開くことに由来する。
 ツレサギソウ属は、紐(ひも)状に伸長する塊根、裸出した粘着体、結合した柱頭面などで特徴づけられ、北半球の温帯から寒帯に約100種ある。日本産ラン科では最大の属で、キソチドリやトンボソウなど約20種ある。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツレサギソウの関連キーワード嵐草寒蘭金蘭銀蘭沢蘭誰故草白山千鳥鉄引草雀鷹湿草地泥炭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone