コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツーバイフォー工法(2×4工法) ツーバイフォーコウホウ

1件 の用語解説(ツーバイフォー工法(2×4工法)の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

ツーバイフォー工法(2×4工法)

下枠・縦枠・上枠などの構造主要部分が、2インチ×4インチサイズをはじめとする規格品の構造用製材(ディメンションランバー)で構成されることから名付けられた工法。日本で定められた名称は木造枠組壁構法。高度な技術を必要とせず、人件費および工期を抑えることができる。また、耐震性・耐風性・耐火性・断熱性・気密性・防音性などの良さが評価され、近年シェアを伸ばしつつある工法。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone