コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティール ティールTyre

翻訳|Tyre

3件 の用語解説(ティールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ティール(Tyre)

ティルス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ティール

レバノン南部の地中海に面した都市遺跡。現在地名スールに位置する。前12世紀ごろ,地中海を支配していたフェニキア人が建設した港町。伝承ではアルファベットと紫色の染料がつくられたところとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

ティール

1984年に登録された世界遺産文化遺産)。レバノン南部、小さな漁村スールのある場所にかつて栄えていたフェニキア人の都市である。スールの町には、かつてのティールの都市遺跡が残っている。ティールの町が建設されたのは、紀元前2750年である。かつては陸地と小島に分かれ、陸地に町(旧ティール)があり、小島に町が移されたのは(新ティール)、紀元前6世紀である。新バビロニア王国の攻撃を受けて、人々は陸地から小島に移り住んだ。この都市国家の最盛期、ヒラム王はイスラエル統一王国のソロモン王と条約を締結し、レバノンスギなどをエルサレムの神殿建設のために輸出し、イスラエルから小麦と大量の油を輸入したといわれる。アレクサンドロス大王に対して唯一抵抗したフェニキアの都市で、紀元前332年、ティルスを包囲したアレクサンドロス大王が島との間、約800mの突堤を築いた後、激しく抵抗するティールを陥落させたエピソードはよく知られている。その後、ティールはローマ帝国ビザンチン帝国の支配を、12世紀には十字軍の支配を受けたのち、13世紀にマムルーク朝の攻撃で徐々に衰退した。この都市には凱旋門、公共浴場、劇場、水道橋、墓などの遺構が残っている。◇英名はTyre

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

世界大百科事典内のティールの言及

【スール】より

…地中海岸にある南レバノン最大の都市。ティールTyreともよばれる。1960年代は1万人以上の人口を擁し(1969年1万5000人),その大部分がシーア派イスラム教徒でキリスト教徒が少数派。…

※「ティール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティールの関連情報