コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) てにすひじじょうわんこつがいそくじょうかえん Tennis Elbow

翻訳|Tennis Elbow

1件 の用語解説(テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

てにすひじじょうわんこつがいそくじょうかえん【テニス肘(上腕骨外側上顆炎) Tennis Elbow】

[どんな病気か]
 この障害をおこすのがテニスプレーヤーに多いことから、この名前で呼ばれますが、テニスプレーヤーだけではなく、腕を多く使う職業の人や、くり返し同じ動作を行なった後などでも、この病気をおこすことがあります。
 一般に、テニス肘と俗称で呼ばれていますが、上腕骨外側上顆炎というのが正式な病名です。
 肩と肘の間にある大きな骨(上腕骨)の外側上顆(がいそくじょうか)という部分(図「右上腕骨」)には、手首を手の甲のほうに引っ張る筋肉がついています。手首や手の指を使いすぎると、この部分に炎症がおこり、テニス肘になります。
[症状]
 肘の外側を押さえると痛みがあり、手首を手の甲のほうに動かすときにも、同じところに痛みを感じます。(図「テニス肘」
 ドアのノブを回すときや、ぞうきんをしぼるときに痛むこともあります。
[治療]
 まず安静にすることが第一です。この場合、手関節(しゅかんせつ)(手首)を固定するのが重要で、肘関節(ちゅうかんせつ)を固定しても意味がありません。
 肘にかかる牽引力(けんいんりょく)を弱める目的で、特殊なバンド(テニスエルボーバンド)を使用することで、効果があることもあります。
 炎症を抑えるステロイド薬(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)や局所麻酔薬を注射することもよく行なわれます。
 それでも効果がない場合には、手術を行ないますが、実際には、そうした例はまれで、多くの場合、安静や投薬などの保存的治療によって治ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の関連キーワード面を起こす竈を起こす稿を起こす心を起こす事を起こす何心地筆を起こす身を起こす虫を起こす目を起こす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone