コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) てにすひじじょうわんこつがいそくじょうかえんTennis Elbow

翻訳|Tennis Elbow

家庭医学館の解説

てにすひじじょうわんこつがいそくじょうかえん【テニス肘(上腕骨外側上顆炎) Tennis Elbow】

[どんな病気か]
 この障害をおこすのがテニスプレーヤーに多いことから、この名前で呼ばれますが、テニスプレーヤーだけではなく、腕を多く使う職業の人や、くり返し同じ動作を行なった後などでも、この病気をおこすことがあります。
 一般に、テニス肘と俗称で呼ばれていますが、上腕骨外側上顆炎というのが正式な病名です。
 肩と肘の間にある大きな骨(上腕骨)の外側上顆(がいそくじょうか)という部分(図「右上腕骨」)には、手首を手の甲のほうに引っ張る筋肉がついています。手首や手の指を使いすぎると、この部分に炎症がおこり、テニス肘になります。
[症状]
 肘の外側を押さえると痛みがあり、手首を手の甲のほうに動かすときにも、同じところに痛みを感じます。(図「テニス肘」
 ドアのノブを回すときや、ぞうきんをしぼるときに痛むこともあります。
[治療]
 まず安静にすることが第一です。この場合、手関節(しゅかんせつ)(手首)を固定するのが重要で、肘関節(ちゅうかんせつ)を固定しても意味がありません。
 肘にかかる牽引力(けんいんりょく)を弱める目的で、特殊なバンド(テニスエルボーバンド)を使用することで、効果があることもあります。
 炎症を抑えるステロイド薬(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)や局所麻酔薬を注射することもよく行なわれます。
 それでも効果がない場合には、手術を行ないますが、実際には、そうした例はまれで、多くの場合、安静や投薬などの保存的治療によって治ります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の関連キーワードゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android