コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルエル テルエル Teruel

5件 の用語解説(テルエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルエル
テルエル
Teruel

スペイン北東部のアラゴン自治州南部,テルエル県の県都。バレンシアの北西約 110kmに位置し,グアダルビアル川とトゥリア川の合流点に臨む。城壁に囲まれた狭い街路の旧市街と,外側の近代的な郊外とからなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テルエル(Teruel)

スペイン中東部、アラゴン州の都市。イベリカ山脈東部、グアダラビアル川(トゥリア川上流部)沿いに位置する。サンタマリア大聖堂、サンペドロ教会、サンマルティン教会、エルサルバドル教会がイスラム文化を取り入れた中世スペイン建築の傑作として知られ、1986年に世界遺産文化遺産)に登録。またサラゴサをはじめアラゴン地方にある他のムデハル様式の建築物も含め、2001年に「アラゴン州のムデハル様式の建造物」の名称で拡張登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テルエル

スペイン北東部,アラゴン地方の都市。12世紀にキリスト教徒アラゴン王国がこの地を支配するようになったが,15世紀まではイスラム教徒およびユダヤ教徒とも融和を保っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テルエル【Teruel】

スペイン北東部,アラゴン地方の同名県の県都。人口2万8272(1989)。トゥリア川左岸にある交通の要所で,ケルトイベリア族が建設したといわれる。当時はトゥルバの名で呼ばれていた。8世紀にイスラム教徒に占領されたが,1171年アラゴン王国の支配下に入った。その後も多数のイスラム教徒が居住しつづけたため,ムデーハル様式の建築物が多い。ティルソ・デ・モリーナモンタルボボッカッチョなどの作品で知られる《テルエルの恋人》の墓がサン・ペドロ教会にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルエル
てるえる
Teruel

スペイン中東部、アラゴン地方テルエル県の県都。人口3万1158(2001)。イベリカ山脈の東部、グアダラビアル川(トゥリア川上流の名称)の流れる盆地の標高915メートルに位置する。イベリア人の町トゥルバTurbaを起源とする古い町であるが、ローマ人により破壊され、8世紀にイスラム教徒が占領し再建された。1171年アラゴン王国の支配下に入るがその後も多くのイスラム教徒が居住し、イスラムの建築(ムデーハル様式)がみられる。中世にはユダヤ人も多く住んでいたが追放された(1486)。スペイン内戦中の1937年12月~38年2月に戦場となり歴史的建築物が破壊されたが、大聖堂やサン・マルタン寺院が残る。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテルエルの言及

【スペイン内乱】より

…一方,共和国政府軍は国民戦線の背後をついて勢力を分散させる目的で,マドリード周辺(1937年7月のブルネテの戦)とアラゴン戦線(10月21日のベルチテの戦)で反撃に出たが,すべてむだに帰した。
[南北に分断された共和国]
 37年12月に共和国政府軍が奪回したアラゴン県テルエル市の攻防では,吹雪の中を両陣営とも精鋭部隊を繰り出し,動員兵数は双方合わせて10万人以上にも及んだ。また,砲火器,タンク,飛行機など兵器の面でも,まさに総力を結集した戦いとなった。…

※「テルエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テルエルの関連キーワードサラゴサタラゴナホタアルハフェリア宮殿サラゴサ大聖堂スーダの塔スペイン村ピラール広場グルナッシュエブロ[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テルエルの関連情報