コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレジナ テレジナ Teresina

3件 の用語解説(テレジナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレジナ
テレジナ
Teresina

ブラジル北東部,ピアウイ州の州都。大西洋に注ぐパルナイバ川の中流部東岸,標高約 70mの地にあり,対岸のマラニャン州ティモンと橋で結ばれる。 1852年同州の新州都として建設され,以後パルナイバ川中流域の主要商業中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テレジナ【Teresina】

ブラジル北東部のピアウイ州の州都。人口55万6073(1991)。北東部9州の州都中唯一の内陸都市で,パルナイバ河口から500km上流にある。19世紀中葉に州都として建設された計画都市。一帯は17世紀以来の牛の牧畜地帯で,ほかにババス・ヤシ油,カルナウーバ・ワックスを産する。州境に位置し,影響圏はマラニョン,ピアウイ両州の内陸全域に及ぶ。近年の道路整備により北部・北東部の主要都市によく連結され重要性を増してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレジナ
てれじな
Teresina

ブラジル北東部、ピアウイ州の州都。半乾燥地域の中心地で、パルナイーバ川河畔に位置する。人口71万5360(2000)。綿花、サトウキビ、米、やし油、ワックスなどの集散地で、農産加工業も行われている。古い町並みが独特の景観を呈し、河岸では交換市が開かれる。古道具、小鳥、野菜などなんでも持参して交換し、ハンモックのよい品が出るという定評がある。近年はアマゾン横断道路の開通と開発計画の進展によって活気を帯びている。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テレジナの関連キーワードアクレサンルイスナタルボアビスタレシフェサルバドールピアウイパルナイバ[川]マラニョン[州]リオ・ブランコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone