コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングザル テングザル Nasalis larvatus; proboscis monkey

4件 の用語解説(テングザルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングザル
テングザル
Nasalis larvatus; proboscis monkey

霊長目オナガザル科。雄は体長 70cm,体重 20kg内外であるが,雌は小さく,体重は雄の半分ぐらいしかない。尾は長く 70cm内外。体色は背面が栗色,腹部がクリーム色。その名が示すように,雄は巨大な鼻をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テングザル

霊長目オナガザル科。雄は体長54〜76cm,尾52〜75cmほど,雌は雄より小さい。雄の鼻は長大で,顔も赤みを帯びるためこの名がある。ボルネオの特産。海岸のマングローブ林や河畔の熱帯降雨林に小群ですみ,おもに樹上で生活する。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テングザル【Nasalis larvatus】

霊長目オナガザル科の旧世界ザルイラスト)。天狗のような長い鼻をもつサル。コロブス亜科の他の仲間と異なり,体ががんじょうで性差が大きい。雄の頭胴長は70cm,体重20kg。雌はそれぞれ60cm,10kg。尾長は頭胴長ほど。背は赤褐色,腹,尾,四肢は白っぽい。顔は茶色に近い肌色。新生児の顔は濃青であるがだんだん赤くなるおとなの雄の鼻は10cm近くになり,少し垂れ下がる。これは発声の共鳴器となっているらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングザル
てんぐざる / 天狗猿
proboscis monkey
[学]Nasalis larvatus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。コロブス亜科に属し、1属1種。ボルネオ島特産で、海岸のマングローブ林や川沿いの湿地林に好んですみ、この亜科のサルとしては珍しく、水泳が巧みである。体毛は赤褐色で、体長70センチメートル、尾長もほぼ等しい。体重は雄で23キログラムに達し、雌は約半分。もっとも顕著な特徴は鼻で、雄では10センチメートルも垂れ下がることがあり、雌でも短いが前方に突出している。水泳のとき以外は、ほとんど樹上で過ごし、主として木の葉を食べる。群れは30頭程度の複雄群で、1.5平方キロメートルぐらいの遊動域をもつ。多様な音声をもっていて、それを聞くだけで群れの所在を容易に知ることができるという。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テングザルの関連キーワードアカゲザルオナガザル旧世界ザルタイワンザルニホンザル尾長猿台湾猿手長猿パタスモンキーブラッザモンキー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テングザルの関連情報