コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオドロス Diodōros

世界大百科事典 第2版の解説

ディオドロス【Diodōros】

前1世紀後半の歴史家。生没年不詳。シチリア島出身のギリシア人。前60‐前30年ころ,《歴史叢書》と題する古代の世界史40巻を著した。これはオリエントの古史からカエサルのガリア征服までを編年体で叙述したものであり,現在1~5巻,11~20巻が完全に,他は断片だけが残る。今日散失した諸史料を含んでいる点では貴重であるが,内容は通俗的で,彼の歴史家としての評価は高くない。【篠崎 三男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディオドロス
でぃおどろす
Diodoros Siculus
(前90ころ―前21ころ)

古代ローマのギリシア系歴史家。シチリアのアグリウム出身。ストア哲学の影響を受け、ギリシア、ラテンの史籍を読み、ヨーロッパ、小アジアの各地を旅行、30年をかけて40巻に及ぶ『歴史文庫』とよばれる「世界史」を著述した。そこでは、エジプト、メソポタミアからカエサルのガリア征服までが叙述され、独創性に乏しいが、読みあさった文献から史実を忠実に採録している。第1~5巻、第11~20巻は現存しているが、ほかは断片だけである。そのなかに、2回にわたるシチリア奴隷蜂起(ほうき)(前1世紀)、ユートピア的な平等な生活を描いたイアムブロスの「太陽の島」の伝承など貴重な記録が含まれている。[土井正興]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディオドロスの関連キーワードコスマス・インディコプレウステステオドロス[モプスエスティア]カリアスの和約ギリシア七賢人ギリシア文学メガラ学派ヘレニズムエフォロスカリアスメガラ派アミヨ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android