コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイアネイラ Deianeira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイアネイラ
Deianeira

ギリシア神話の女性。カリュドンの王オイネウスの娘で,河神アケロオスに求婚されていたが,冥府でメレアグロスから彼女との結婚をすすめられたヘラクレスが,地上に帰ってからアケロオスと格闘して勝ち,彼女を妻にめとった。のちに,夫婦が旅の途中エウエノス川を渡ろうとしたとき,ケンタウロスのネッソスが彼女を犯そうとしてヘラクレスに毒矢で殺されたが,死ぬ前に,彼はデイアネイラに自分の傷口から流れた血と精液を混ぜた液を与え,もしヘラクレスが心変りしたら,この液を浸した布を肌身に着けさせれば,彼の愛を取戻せると教えた。そのためヘラクレスがイオレを愛人にすると,これを知ったデイアネイラは,夫に実は猛毒のこの液のついた下着を送って彼の死の原因をつくってしまい,そのことを悲しみ自殺したとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デイアネイラ

ギリシア伝説のヘラクレスの妻。媚薬(びやく)のつもりが毒薬で夫を殺し,自分も自殺する悲劇は,ソフォクレス《トラキスの女たち》に描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デイアネイラ
でいあねいら
Deianeira

ギリシア神話のカリドン王オイネウスの娘で、メレアグロスの姉妹。怪犬ケルベロスを求めて冥界(めいかい)に降(くだ)ったヘラクレスは、そこでメレアグロスの亡霊に会い、その頼みからデイアネイラと結婚することを約束する。そしてカリドンにやってきたヘラクレスは同じ求婚者のアケロオスの河神と争ったのち、彼女を得た。彼女はヒロスを生むが、誤って人を殺したために追放される夫に従い、息子とともにトラキスに向かう。途中エウエノス川でケンタウロスのネッソスに川を渡してもらうが、あやうくネッソスに犯されかかったとき、ヘラクレスの射る矢で救われた。その矢には水蛇ヒドラの毒が塗られていた。瀕死(ひんし)のネッソスは、いつの日にか夫の愛を取り戻すことになろうと、自分の血をとっておくように彼女に教え、彼女は勧められるままにそれをとっておいた。
 のちにヘラクレスがドリオプス人を征服したとき、彼女は夫とともに奮戦して胸に負傷したが、ひるむところがなかったという。もともと彼女は尚武(しょうぶ)の気風の濃いアイトリアの出身で、武具と武器の扱いに習熟した女丈夫であったらしく、貞淑な人妻というイメージはむしろ新しい。のちにデイアネイラは、夫がオイカリアを攻略して若いイオレを捕虜としたことを聞くと、夫の愛が彼女に移るのを恐れ、いつかのネッソスの血を夫の下着に塗って送り届けた。これがもとでヘラクレスは非業の最期を遂げ、彼女も事の次第を知って縊死(いし)した。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデイアネイラの言及

【ヘラクレス】より

… これらの功業を終えて自由の身となった彼はテーバイに戻り,妻メガラを甥に与えたのち,さらにトロイア遠征,牛小屋掃除の報酬を拒んだアウゲイアスへの報復,ピュロス攻略などの武勲をたてた。その間に彼はカリュドン王オイレウスOileusの娘デイアネイラDeianeira(猪狩りで有名な英雄メレアグロスの妹)を妻としていたが,アイトリア地方のオイカリアを攻略して王女イオレIolēを捕虜にしたとき,デイアネイラはイオレに夫を奪われるのを恐れて,かつてケンタウロスのネッソスNessosから愛の妙薬をしみこませたとのふれこみでもらった衣を,それがヒュドラの毒を塗ったものとも知らず,夫に与えた。このため五体を毒に侵された彼はみずからをテッサリア地方のオイテ山上に運ばせ,火葬壇に登って火をつけさせた。…

※「デイアネイラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デイアネイラの関連キーワードメレアグロス(ギリシア神話の英雄)ヘラクレス(ギリシア神話の英雄)ヘラクレイダイトラキニアイヒロス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android