コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル放送 デジタルホウソウ

4件 の用語解説(デジタル放送の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタル放送

デジタル信号を使ったテレビの送信方法。従来のアナログテレビ放送に代わって、デジタル技術を用いて高画質・多チャンネルを実現するテレビ放送のこと。アナログ信号より周波数帯域の使用効率がよいため、多チャンネル化への対応や高画質な画像の提供ができるようになった。日本では、通信衛星を使ったCSデジタル放送放送衛星を使ったBSデジタル放送から始まり、2003年に地上波デジタル放送が開始された。2011年7月にはアナログ放送が終了し、地上デジタル放送への移行が予定されている。アナログのテレビでデジタル放送を受信するには、専用のチューナーが必要。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デジタル‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【デジタル放送】

映像・音声・データを、デジタル信号で伝送する放送。高画質・高音質放送、多チャンネル化、データ放送などが可能。→デジタルテレビ放送デジタル衛星放送地上デジタルテレビ放送
[補説]ゴーストによる画像の乱れがない、高精細なハイビジョン放送が可能など、アナログ放送よりも画質と音質が格段に優れている。また、地域の天気予報ドラマの粗筋などを見ることのできるデータ放送や電子番組ガイドEPG)など、さまざまな付加サービスがデジタル放送によって可能になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デジタル放送【デジタルほうそう】

デジタル放送には,デジタルシステムによって番組を制作し放送する放送局内のデジタル化と,伝送する電波をデジタル化する放送波のデジタル化がある。一般的には後者を指し,チャンネルの多様化,映像や音声の高品質化,機能の高度化(視聴者からのリクエストに応ずる双方向性など)が可能。
→関連項目高品位テレビジョン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

デジタルほうそう【デジタル放送】

デジタル方式を用いる放送(テレビやラジオ)の総称。アナログ放送に比べ、チャンネル数が飛躍的に増え画質や音質が向上する。また、視聴者との双方向化が容易で文字放送や番組情報などのデータ放送も充実する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル放送の関連キーワードキャリアトーンデジタルデジタル・ハイビジョン・テレビデジタルオーディオデジタル携帯電話デジタル通信デジタルTVデジタルレコーディングMODEMデジタルTVナビ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デジタル放送の関連情報