コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル教科書 でじたるきょうかしょ

3件 の用語解説(デジタル教科書の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

デジタル教科書

コンピューターやネットワークアプリケーションソフトウエアなどのあらゆるデジタル技術を使って実現される学習教材。光村図書出版の「国語デジタル教科書」や東京書籍の中学英語教科書NEW HORIZON」などといったデジタル教科書がすでに発売されている。
生徒は、タッチパネル無線LAN機能を装備し、視覚的な表現力の高い教材が利用できるコンピューターを紙媒体の教科書代わりに利用する。生徒一人ひとりが持つコンピューターと、黒板の代わりとなる「電子黒板」はネットワークで接続され、生徒のコンピューターに書き込まれた情報を電子黒板に表示するなど、相互の情報を共有しながら授業を進めていくことができる。
従来の教科書に相当するデータは、生徒が持つコンピューターのコンテンツやアプリケーションとして活用されるため、コンピューター内のコンテンツを切り替えるだけで、各科目の受講準備ができる。また、指や専用のペンなどで、写真や画像を拡大して細部を確認したり、英単語の発音を音声で確認したりすることができるため、視聴覚を使って生徒の理解度を深めることができる。
総務省は、学校現場におけるICT(情報通信技術)の利活用を推進する「フューチャースクール推進事業」にて、2020年度までにデジタル教科書を普及達成させることを目標としている。ちなみに、経済協力開発機構(OECD)のデジタル読解力調査の結果、世界1位となった韓国では、法律を改定してデジタル教科書に教科書として法的地位を与え、日本よりも5年も早い15年までに、小中学校と高校でデジタル教科書を導入することを発表している。
デジタル教科書には、分かりやすさや楽しさといった視覚的効果の他に、問題解決能力の向上、そして情報の共有や反復学習の容易性など様々なメリットがある。しかし、全ての教師がIT(情報技術)に明るいわけではない。計画通りにデジタル教科書が普及しても、それを上手に使いこなせるか否かが大きな問題となりそうだ。

(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デジタル‐きょうかしょ〔‐ケウクワシヨ〕【デジタル教科書】

電子教科書

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デジタル教科書
でじたるきょうかしょ

電子書籍の形で提供される学習教材の総称。高速ネットワーク環境とコンテンツ配信用のデータベース、情報端末とアプリケーションソフトウェアなどが使用される。電子教科書デジタル教材ともいわれる。従来の紙に印刷された教科書を電子化して置き換えたものが原型となるが、あらゆるデジタル技術が活用され、文字、音声、映像、各種データを通じて知識を深めながら、学習することが可能になる。また、遠隔地にいる児童、生徒が協働学習をしたり、他校の教師や地域の専門家と交流をもつといった応用が容易な環境が整えられる。これによって学習の情報量を増やしながら、授業時間の有効な活用を図ることが可能となる。すでに小・中学校の一部の教科については、複数の出版社で各種の情報端末にあわせたデジタル教科書が開発されている。
 総務省では教育分野におけるICT(Information and Communication Technology、情報通信技術)利活用を推進するフューチャースクール推進事業を進め、2020年ころまでにデジタル教科書を普及させることを目ざしている。2010年度(平成22)からは対象となった小・中学校の児童、生徒に一人1台の情報端末を配布し、すべての教室にインタラクティブ・ホワイトボード、無線LANやクラウドコンピューティングの環境を構築した実証実験を継続して行っている。
 学校教育法や著作権法などでは、教科書は紙の書籍を前提としているため、今日のままではデジタル教科書を正規の教科書として採用できない。また現状では教科書にかかわる著作権法上の特例が、デジタル教科書には適用されないため、教科書検定の対象にならない。2015年には小・中学生すべてがデジタル教科書をもつ環境をつくることを目ざし、関連企業がデジタル教科書教材協議会を設立し、独自にデジタル教科書法案を公表している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル教科書の関連キーワードアドミニストレーターコンピューターネットワークネットワークシステム電子ネットワークネットワークコンピューター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デジタル教科書の関連情報