デスマン(英語表記)desman

世界大百科事典 第2版の解説

デスマン【desman】

食虫目モグラ科のうち2種の哺乳類総称。ヨーロッパにすむ水生のモグラ類。陸生のモグラに似るが,四肢は比較的長く,大きく発達した後足水かきがある。前足の水かきは小さい。尾は長く,基部に麝香(じやこう)を発する臭腺がある。長くチューブ状にのびる鼻はあらゆる方向に曲げることができ,遊泳中にはスノーケルとして働き,先端につく鼻孔水中では閉じる。目はごく小さく,耳介はない。川岸に長いトンネルを掘ってとし,水中を泳いで鼻で食物をあさる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デスマン
ですまん
desman

哺乳(ほにゅう)綱食虫目モグラ科のなかで水生適応した2種の動物の総称。ロシア南東部にいるロシアデスマンDesmana moschataは頭胴長18~22センチメートルで、ほぼ同長の尾は全長にわたり上下に扁平(へんぺい)になっている。ピレネー地方にいるピレネーデスマンGalemys pyrenaicusは頭胴長11~14センチメートル、尾長13~16センチメートルで、尾は先端部のみが上下に扁平である。両種とも水生適応のため足は幅広く、水かきがある。吻(ふん)は長く扁平、目は小さく、耳介を欠く。毛は柔らかく、密生する。歯式は

で合計44本。川や湖などの水辺にすみ、巣は土中の水面より高い位置に、出口は水面下につくり、1産1~5子を産む。昆虫、ミミズ、ヒル、貝、小魚などを食べ、日本のカワネズミに似た生活をする。ロシアデスマンの毛皮は良質なため利用される。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android