コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デニム デニム denim

翻訳|denim

6件 の用語解説(デニムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デニム
デニム
denim

厚地綿織物の一種。現在ではナイロン混紡製品も多い。語源はフランスニーム産のサージの意の serge de Nimes。普通,経糸に紺色の糸を用い,緯糸に白糸を使って綾織に織られている。そのため,表地は経糸が出て,裏地は白がかった色の斜文に織り上げられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デニム(denim)

《フランスの「ニーム産のサージ」(serge de Nîmes)の意から》
縦糸に色糸、横糸に漂白した糸を用いた、綾織りの厚地の綿布。ズボン・スポーツウエア・作業服などに用いる。
(日本で)ジーパンのこと。ジーンズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デニム

厚地綿織物の一種。経(たて)糸に堅牢(けんろう)な染料で染めた色糸を,緯(よこ)糸に白糸を用いた綾織物。近年は化繊,合繊でも作られる。青色(ブルーデニム)が代表的だが茶色や縞柄(しまがら)などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デニム【denim】

厚地の綿織物の一種。もともとはフランス南部のニームで作られていたところから,serge de Nimes(ニームのサージ)を簡略化してデニムと呼ぶようになった。経糸にインジゴ染の藍,または赤,灰色などの色糸を,緯糸には晒糸を用いて綾織に織ったもの。表は色糸が多く出るが裏は白地となる。木綿のほかに化学繊維でも作られ,ウーリーナイロンを用いた伸縮性のあるストレッチデニムや,起毛したソフトデニムなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デニム【denim】

綾織りまたは繻子しゆす織りにした先染めの厚地綿織物。作業服・遊び着などに用いられる。 〔初めフランスのニームでつくられたことから〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デニム
でにむ
denim

一般に経(たて)糸を濃褐または濃紺に染色し、緯(よこ)糸に漂白した糸を織り込み、組織を経(たて)三枚綾(あや)または経四枚綾にした厚地の綿織物。現在では化合繊の混紡品もある。デニムとは、フランスのニームでつくられたサージSerge de Nimesからきていて、簡略化された名称となった。このデニムと似た生地(きじ)にダンガリーdungareeがあるが、糸使いが逆で、経糸に漂白糸を、緯糸に染色糸を使う点で違っている。スポーツウエア、ズボン、作業服など、じょうぶで実用的であるため広く用いられるが、細番手のものはシャツやブラウスにも向けられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデニムの言及

【井原[市]】より

…近世に綿花,藍が栽培されて広島県神辺(かんなべ)町とともに農家の副業として織物業が興り,備中小倉織として知られ,明治以後は工場制工業へ発達した。製品は備後絣(かすり),白ネル,小倉服地,デニムなど多様であったが,第2次世界大戦後,特に1965年ごろからデニムブームが起こるとこれに集中し,全国の約7割を生産していたが,他産地の伸びがあって,1996年度では10%,縫製品のジーンズは15%を占める。65年備後工業整備特別地域に編入,指定された。…

※「デニム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デニムの関連キーワード塩瀬綿織物厚地葛城織カルゼ太物盲縞モールスキン綿フランネル木綿織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デニムの関連情報