コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デニール デニールdenier

翻訳|denier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デニール
denier

原糸の太さ (繊度) を表わす単位の一つ。生糸,人絹糸,合織糸など長繊維 (フィラメント) に用いられる。長さを一定にして重さを測定して決める恒長式により,長さ 450m,重さ 50mgあるものの繊度を1デニールとする。デニール数が大きくなるにつれて,糸は太くなる。国際標準方式としてはテックスの使用が進められている。また同じ原糸の繊度を表わす単位として番手 (恒重式) があるが,これは綿糸,麻糸,毛糸など紡績糸に用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デニール(denier)

生糸や化学繊維の太さの単位。長さ450メートルで0.05グラムのものを1デニールとし、長さが同じで重さが2倍・3倍ならば2デニール・3デニールとする。記号D→テックス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デニール

生糸,レーヨン合成繊維など長繊維の太さを表す単位。記号はd。長さ9000mの糸の重さが1gであるときを1デニールの太さという。したがって長さ9000mの糸の重さをグラム数で表したものがデニールになる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デニール【denier】

絹,レーヨン,合成繊維の長繊維(フィラメント)および紡績糸の太さを表す単位で,一定の長さに対する重さで表される恒長式の指数である。dと略記される。長さ9000mの糸の重さが1gのものを1デニールの太さといい,9000mの糸の重さをグラム数で表したものがデニールになる。したがって,この数字の大きいものほど太い糸である。繭糸1本の太さは2~3デニールであり,繭糸を9本繰糸して糸にすると27デニールの生糸になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デニール【denier】

糸などの太さを表す単位。長さ450メートルで、質量が0.05グラムのものを一デニールとする。略号 d 。 → テックス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デニール
でにーる
denier

恒長式番手のことで、主として生糸・化学繊維など長繊維の糸の太さ(繊度)を表示する方法。国際的に広く利用されているものは、標準長450メートルで単位重量0.05グラムのものを1デニール(D)とするものである。

によって算出する。したがって重量大なるものほど太く、繊度大で、軽いものは細く、繊度小である。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデニールの言及

【繭糸繊度】より

…繭糸の太さをいう。単位はデニールdenier(略符号d)を用いる。繭糸の太さは繭層の外層部が最も太く,中層,内層の順に細くなるが,通常繭糸繊度はその平均値を示す。…

【リーブル】より

…旧フランスの価格の単位。下位区分は,1リーブル=20スーsou(またはソルsol),1スー=12ドゥニエdenier。それぞれ,中世におけるラテン語の価格単位リブラlibra,ソリドゥスsolidus,デナリウスdenariusに対応する。…

【糸】より

…異なる種類の糸を撚り合わせた糸を交撚糸(こうねんし)と呼ぶ。
[糸の太さ]
 糸の太さは長さと重さの相関関係によって示され,デニール(記号D。恒長式)と番手(恒重式)とがある。…

【繭糸繊度】より

…繭糸の太さをいう。単位はデニールdenier(略符号d)を用いる。繭糸の太さは繭層の外層部が最も太く,中層,内層の順に細くなるが,通常繭糸繊度はその平均値を示す。…

【繊維】より

…繊維とは細い糸状のものをいい,生糸のように600~700mの長さのフィラメント(ほぼ無限の長繊維)と,綿花のように10~50mmの長さの短繊維とがある。太さ2~3デニール(d)の細い生糸は数本~数十本撚(よ)り合わせて糸にし,また,短繊維は紡糸によって長い糸にして紡織する。 人類は大昔から繊維を紡いで糸にし,それを織って布を作る技術を考え出し,それまでの獣皮などに替えて衣類として使ってきた。…

※「デニール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デニールの関連情報