コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デヒドロ酢酸 デヒドロさくさん dehydroacetic acid

4件 の用語解説(デヒドロ酢酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デヒドロ酢酸
デヒドロさくさん
dehydroacetic acid

C8H8O4デヒドロアセト酸ともいう。食品保存料の一種。白色結晶。融点 109℃。水に難溶,エーテルに易溶。食品防腐剤としてはチーズバターマーガリンに添加が認められている。抗真菌薬に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デヒドロ酢酸【デヒドロさくさん】

化学式はC8H8O4。デヒドロアセト酸(DHA)とも。水に不溶,エタノールに可溶の白色結晶で,融点約112℃。微生物の発育を妨げる作用があり,防腐剤として食品添加物に使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

デヒドロ酢酸

 C8H8O4 (mw168.15).

 保存料として使われる食品添加物.水には溶けず,アルコールアセトンなどに溶ける.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デヒドロ酢酸
でひどろさくさん
dehydroacetic acid

環内に酸素原子をもつ6員環複素環式化合物の一つ。デヒドロアセト酸ともいう。アセト酢酸エステル2分子の縮合による環化、ないしはジケテンの塩基触媒による二量化によって得られる。分子式C8H8O4、分子量168.1、融点109℃、沸点269.9℃。白色の結晶でエタノール(エチルアルコール)にはかなり溶けるが、水に対しては比較的溶けにくい。昇華性がある。カルボキシ基はないがエノール形のヒドロキシ基により弱い酸性を示す()。細菌、カビ、真菌類を殺す作用があるので、皮膚の白癬(はくせん)症の医薬、化粧品や食品の防腐剤として用いられる。ナトリウム塩は水に溶けやすいので、保存料として食品添加物に使用されている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デヒドロ酢酸の関連キーワードデヒドロコレステロールパラアルデヒドメタアルデヒドトリクロロアセトアルデヒドヒドロキシアルデヒドアセトヒドロキサム酸デヒドロアスコルビン酸ヒドロキシアセタミドアセトアルデヒド脱水酵素ALDH

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デヒドロ酢酸の関連情報