デヒドロ酢酸(読み)デヒドロさくさん(英語表記)dehydroacetic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デヒドロ酢酸
デヒドロさくさん
dehydroacetic acid

C8H8O4デヒドロアセト酸ともいう。食品保存料一種白色結晶。融点 109℃。水に難溶,エーテルに易溶。食品防腐剤としてはチーズバターマーガリン添加が認められている。抗真菌薬に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デヒドロ酢酸
でひどろさくさん
dehydroacetic acid

環内に酸素原子をもつ6員環複素環式化合物の一つ。デヒドロアセト酸ともいう。アセト酢酸エステル2分子の縮合による環化、ないしはジケテンの塩基触媒による二量化によって得られる。分子式C8H8O4、分子量168.1、融点109℃、沸点269.9℃。白色の結晶でエタノール(エチルアルコール)にはかなり溶けるが、水に対しては比較的溶けにくい。昇華性がある。カルボキシ基はないがエノール形のヒドロキシ基により弱い酸性を示す()。細菌、カビ、真菌類を殺す作用があるので、皮膚の白癬(はくせん)症の医薬、化粧品や食品の防腐剤として用いられる。ナトリウム塩は水に溶けやすいので、保存料として食品添加物に使用されている。

[廣田 穰]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

デヒドロ酢酸
デヒドロサクサン
dehydroacetic acid

3-acetyl-2-hydroxy-6-methyl-4H-pyran-4-one.C8H8O4(168.15).デヒドロアセト酸ともいう.塩基性触媒の存在下に,アセト酢酸エチル縮合ジケテンの二量化により合成される.白色の斜方晶.融点109~111 ℃(昇華),沸点270 ℃.pKa 5.12(25 ℃).エーテル,熱エタノールに易溶.皮膚の白癬症薬,食品の防腐剤に広く用いられている.LD50 1.0 g/kg(ラット,経口).[CAS 771-03-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる