デュボイス(読み)でゅぼいす(英語表記)William Edward Burghardt DuBois

  • 1868―1963

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの思想家、歴史家、社会学者、黒人解放運動家。2月23日、マサチューセッツ州に生まれる。ハーバード大学で歴史と社会学を専攻、ドイツ留学を経て1895年、同大学史学科から黒人として初めて博士号を得る。黒人の歴史と現状の実証的研究に基づいて社会改革を進めることを志し、学問的に先駆的で貴重な成果を生み出したばかりでなく、近代黒人解放運動における思想的指導者、実践家として大きな足跡を残した。1905年アメリカ黒人の市民権確立を目ざして組織されたナイアガラ運動から出発し、全国黒人向上協会の創設、発展に貢献、1919年にはアフリカの自立を目ざす汎(はん)アフリカン運動を組織し、第二次世界大戦後は冷戦に抗して平和運動に尽力した。1910年代から社会主義への関心を深め、アメリカにおける民族と階級の問題にも理論的に貢献し、1961年に共産党に入党、1963年8月27日にガーナで95年の生涯を閉じた。1936年(昭和11)末に来日しており、代表的著作の一つ『黒人の魂』も邦訳されている。

[中村雅子]

『木島始・鮫島重俊・黄寅秀訳『黒人のたましい』(1965/新装版・2006・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュボイスの関連情報