コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウガラシ(唐辛子) トウガラシCapsicum annuum; red pepper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウガラシ(唐辛子)
トウガラシ
Capsicum annuum; red pepper

ナス科の草本。南アメリカ原産で,熱帯から温帯にかけて広く栽培されている。温帯では一年草として栽培される。普通,果実は赤熟し,生のまま,あるいは乾燥して香辛料として用いられ,若い葉も食用とされることが多い。日本にはポルトガル人によって伝えられたとも,朝鮮から持帰られたともいわれており,このため,南蛮とか高麗胡椒などとも呼ばれている。種類が多く,辛みにも大きな差があるが,一般に細くて小型の果実をもつ辛み種と,丸くて大型の果実をもつ辛みの少い甘み種がある。辛み種としてはタバスコ,八房,鷹の爪,ハンガリーエローワックス,甘み種としては伏見,獅子唐,カリフォルニアワンダー,ピメントなどが知られている。ビタミンA,Cの含有量が高く,辛みはカプサイシンと呼ばれる物質である。辛み種のものは生果のまま,あるいは刻んで粉末にし,ソース原料あるいはカレー粉,七味唐辛子,その他の調味料,皮膚刺激薬 (ハップ剤) ,辛味性健胃剤に使われ,甘み種は通常ピーマンと総称され,野菜として料理に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トウガラシ(唐辛子)【トウガラシ】

熱帯アメリカ原産のナス科植物。温帯では一年草,熱帯では多年草。高さ60〜90cmで葉は楕円形,花は白色。果実は球形,長卵形,細長いくちばし形など種々,辛味成分カプサイシンの多少によって辛味種と甘味種とに分ける。
→関連項目香辛料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウガラシ【トウガラシ(唐辛子) red pepper】

ナス科の一年草。熱帯では多年草(イラスト)。熱帯アメリカの原産で,現在は世界中の熱帯から温帯地方にかけて広く栽培されている。1493年コロンブスによってスペインに導入され,ヨーロッパ各地に広まった。その後インド,東南アジアに伝わり,中国には16~17世紀ころ渡来したといわれる。日本への渡来については後述のように二,三の説がある。トウガラシは名の示す通り,辛みをもつのが普通であるが,果菜として用いられるピーマンは辛くない品種群である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトウガラシ(唐辛子)の言及

【香辛料】より

…また,単独で使用するほか,なん種類もの香辛料をとり合わせて混合香辛料とするものがある。その代表がカレー粉であるが,ほかにトウガラシを主体にオレガノ,ディルその他を配したチリパウダー,八角(はつかく),ニッケイ,チョウジ,サンショウ,陳皮(ちんぴ)を粉末にして合わせた中国の五香粉(ウーシアンフエン),日本の七味唐辛子などがある。 市販の香辛料には,生のもの,乾燥品,ペーストと呼ぶのり状のもの,酢・塩酢・塩水などにつけたもの,冷凍ものなどがあり,それぞれその形状を生かした使い方がされる。…

【コショウ(胡椒)】より

…しかし,獣肉や魚の料理に用いられたこともあったようで,後三条天皇はしばしばサバの頭にコショウをぬって焼いて食べたと,《古事談》は記している。いまでもトウガラシをコショウと呼ぶ地方があるが,トウガラシは渡来当初はコショウの一種と考えられていたらしい。《多聞院日記》文禄2年(1593)2月18日条には,〈コセウノタネ,尊識房ヨリ来。…

【中国料理】より

…また焼餅,饅頭,餅子,炒麵,湯麵などの麵製品も家庭の主食であった。明代には甘藷(サツマイモ),馬鈴薯(ジャガイモ),玉蜀黍(トウモロコシ),唐辛子(トウガラシ),落花生(ラッカセイ)などの作物が外来したが,それらの料理法はすぐには発達しなかったようである。東南アジア諸国に流出する華僑の出国地であった潮州には,カレー料理のたれである沙茶醬が伝来し,改良されて潮州沙茶醬となって国内外に名をはせた。…

※「トウガラシ(唐辛子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トウガラシ(唐辛子)の関連キーワード一味唐辛子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android