コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカマク tokamak

翻訳|tokamak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカマク
tokamak

核融合炉のドーナツ状の炉心プラズマ(→プラズマ)を磁場で閉じ込める方式の一つ(→磁場閉じ込め)。ロシアのクルチャトフ研究所でアンドレイ・D.サハロフらによって考案された。ドーナツに沿って周回する磁場(トロイダル磁場)と,プラズマ中を流れる電流がつくる磁場(ポロイダル磁場)が合成され,ねじられた磁場がつくられると,その圧力とプラズマに働く力を平衡させてプラズマを閉じ込めることが可能になる。プラズマ中に電流を流す点はピンチと共通する。同じトーラス型でもプラズマ電流を使わず螺旋状のコイルによって磁力線をねじるステラレータなどのヘリカル型と対比される。電流はジュール熱によってプラズマを効率的に加熱する役割も果たす。電流を定常的かつ効率的に流し続けることが重要な研究課題となっている。トカマクは,プラズマの閉じ込め特性のよさから,ヨーロッパ連合 EUがイギリスに設立したヨーロッパトーラス共同研究施設 JET; Joint European Torus,日本原子力研究開発機構の JT-60(改良型 JT-60U)など,世界各国で大型の実験装置が稼働した。JETは 1991年に重水素三重水素燃料による核燃焼実験を行ない,3MJ(メガジュール)の核融合エネルギー出力を得た。2005年には国際熱核融合実験炉イーター ITERをフランス南部のカダラッシュに建設することが決まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トカマク

容器内に閉じ込めたプラズマを数億度という超高温に加熱し,そのとき起こる熱核融合反応によってそのエネルギーを電力の形で取り出そうとする装置。核融合炉には炉心プラズマの閉じ込め方式によって,トカマク方式(磁場閉じ込め方式)とレーザー方式(慣性閉じ込め方式)の2種類がある。
→関連項目核融合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トカマク【tokamak】

ロシア toroidal'naya kamera s aksial'nym magnitnym polem 「軸を磁場としたドーナツ形の部屋」の意〕
環状磁場を用いて高温プラズマを閉じ込める装置。

トカマク【tokamak】

ロシア toroidal'naya kamera s aksial'nym magnitnym polem〗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

トカマクの関連キーワードジェーティーろくじゅうエスエープラズマ(物理)中性粒子入射加熱イントール計画レーザー核融合磁気流体力学スフェレータ磁気核融合炉磁気閉じ込めジェットJT60TFTRハルス環状

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トカマクの関連情報