トチュウ(杜仲)(読み)トチュウ(英語表記)Eucommia ulmoides Oliv.

世界大百科事典 第2版の解説

トチュウ【トチュウ(杜仲) Eucommia ulmoides Oliv.】

中国大陸中部の山地に分布するトチュウ科の落葉高木で,高さ20mになる(イラスト)。日本でも植物園などに植えられていることがある。葉は互生し,葉柄は1.5~2.5cm,葉身は長さ6~18cm,幅3~8cmの楕円形卵形で,縁に細かい鋸歯がある。雌雄異株。花は4月ごろ,若枝の基部に散形状に多数生じる。花被はなく,雄花は4~10本のおしべ雌花は1本のめしべからなる。果実は1個の種子の周囲をでかこまれた長さ3~3.5cmの扁平,楕円形の翼果

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android