コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トピ トピDamaliscus korrigum; topi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トピ
Damaliscus korrigum; topi

偶蹄目ウシ科。体高1~1.3mの大型のアンテロープ。角は長さ 60cm内外でゆるやかに曲り,先端は上方を向く。肩が腰の部分より著しく高い。体の地色は赤褐色または光沢のある紫色を帯びた褐色で,顔,肩,尻,前後肢の前上面に暗色の斑紋がある。普通 15~30頭,ときに 700頭ぐらいの群れをつくり,アフリカスイギュウ,シマウマなどとともに生活している。アフリカのおもに西部に分布し,開けたサバナにすむ。柔らかい草類が十分あれば,長期間水を飲まずに生活することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トピ【topi】

偶蹄目ウシ科の哺乳類(イラスト)。ウマに似た長い頭部をもつ大型のアンテロープ。アフリカの大型草食獣の中でもっとも個体数の多い種の一つで,ときに1万頭を超える大群がみられる。肩部が腰部よりも明らかに高く上がった独特の体型をもち,雌雄ともに長い角がある。体色は全体に光沢のある赤褐色。顔に黒の斑紋がある。体長140~160cm,肩高100~125cm,体重80~100kg。セネガルからエチオピア南アフリカ南部に分布し,まばらに木の生える草原にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トピ
とぴ
topi
[学]Damaliscus korrigum

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アフリカ西部から東部にかけて分布し、乾燥した草原に生息する。肩高100~127センチメートル、体重90~270キログラム。角(つの)は雌雄にあり、長さ60~70センチメートルに達する。体は濃い赤栗(あかぐり)色で、四肢の上部や顔に黒斑(こくはん)がある。普通、20頭ほどの群れで暮らし、ほとんど草だけを食べる。交尾期には雄は縄張りをつくり、雌と子はそれらの縄張りを自由に往来する。近縁種にアフリカ南部のササビーD. lunatus、ケニア中央部のヒロラダマリスクスD. hunteriがある。後者は個体数が1000頭以下とみられており、その絶滅が心配されている。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトピの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…体は黄褐色,栗色,灰色などあり,白斑は左右の目の間にときどきみられる。すべてアフリカ産で,300~1000頭にもなる群れをつくるハーテビーストAlcelaphus buselaphus,独特の長い顔と短く太い角をもつコンジハーテビーストA.lichtensteini,アリ塚などに登って敵を見張る習性をもつトピDamaliscus lunatus,大群で季節的移動をするヌーConnochaetes taurinusなどの3属7種がある。(3)オリックス亜科Oryginae 大型で雌雄とも長い槍状,サーベル状,あるいは栓抜き状の角をもち,顔に腺はなく,尾は長く先に房毛がある。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…体は黄褐色,栗色,灰色などあり,白斑は左右の目の間にときどきみられる。すべてアフリカ産で,300~1000頭にもなる群れをつくるハーテビーストAlcelaphus buselaphus,独特の長い顔と短く太い角をもつコンジハーテビーストA.lichtensteini,アリ塚などに登って敵を見張る習性をもつトピDamaliscus lunatus,大群で季節的移動をするヌーConnochaetes taurinusなどの3属7種がある。(3)オリックス亜科Oryginae 大型で雌雄とも長い槍状,サーベル状,あるいは栓抜き状の角をもち,顔に腺はなく,尾は長く先に房毛がある。…

※「トピ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トピの関連情報