コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トム・トム トムトム

2件 の用語解説(トム・トムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トム・トム

西洋のリズムバンドで用いられる円筒形太鼓。皮膜を両面に張ることが多いが,スネア(響線)はない。直径15〜60cmとさまざま。枠組にはめるか調節可能な脚を用いて膜面が水平になるように床に立て,2個以上を小太鼓シンバル組み合わせて演奏することが多い。
→関連項目ドラム(楽器)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トム・トム
とむとむ
tom-tom

膜鳴楽器の一つで、円筒形の両面または片面太鼓。牛革やプラスチック製の膜が鉄枠によって固定されている。大きさはさまざまで、直径15センチメートルないし50センチメートル。二つ以上をセットにして垂直に置き、木製の桴(ばち)で打つ。1920年代ごろからジャズなどで使われるようになった。スネア・ドラムやシンバルなどとともにドラム・セットを構成し、1人の奏者によって演奏される。なお、ドラム・セットのトム・トムは、装飾音的なパッセージの演奏に頻用される。[藤田隆則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトム・トムの言及

【太鼓】より

…こうした一人二役は他の地方でも行われた。 20世紀に加わったものには,小太鼓に似た片面太鼓のティンバレス,中太鼓に似たトム・トム,小さな筒形胴で手打ちのボンゴ,細長い樽形胴で手打ちのコンガなどがある。これらは2個1組で用いることが多い。…

※「トム・トム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トム・トムの関連キーワードドラム直視プリズムサーカディアンリズムスピリチュアリズムトムトムバンダリズムリズムセクションバンドゥリア摂食リズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トム・トムの関連情報