コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヤマエビ(富山蝦) トヤマエビ Pandalus hypsinotus

1件 の用語解説(トヤマエビ(富山蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トヤマエビ【トヤマエビ(富山蝦) Pandalus hypsinotus】

体長17cmに達する寒海系の甲殻綱タラバエビ科のエビで,水産業上の重要種(イラスト)。日本海北海道沿岸,千島列島サハリンベーリング海などの浅海から水深350mほどまでに分布し,富山湾噴火湾,留萌沖などが有名な産地である。近年ではとくに富山湾での漁獲量が多く,水深100~200mが好漁場となっている。冬から春に市場に出る。淡紅色で,頭胸甲と腹部に濃色の横縞がある。ボタンエビ(イラスト)に似ているが,体色の違いのほか,頭胸甲の背隆起が高いこと,額角が強く曲がっていることなどによって区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トヤマエビ(富山蝦)の関連キーワードガザミタラバガニ伊勢海老富山海老北海海老北国赤海老したら鱈場蟹

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone