コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスバール トランスバール Transvaal

4件 の用語解説(トランスバールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランスバール
トランスバール
Transvaal

南アフリカ共和国北東部にかつてあった州。当時の州都はプレトリアドラケンスベルク山脈が東部を南北に走り,その西方はサバナ状の高原(標高 1000~1500m)をなし,気候は快適。バンツー語系諸族が半遊牧生活を送っていたが,1835年からイギリスケープ植民地からのボーア人の大移住が始まり,独自のトランスバール共和国を建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トランスバール(Transvaal)

南アフリカ共和国南西部にあった州。州都プレトリア。世界有数の鉱石の産地で、金・ウランダイヤモンドなどを産出。19世紀にボーア人が移住し、1852年にトランスバール共和国を建てた地。1993年に北部州(のちにリンポポ州に改称)、ムプマランガ州ハウテン州、北西州東部に分割された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トランスバール

南アフリカ共和国北東部の旧州名。1994年,ノースウェストリンポポ(2003年までノーザン・プロビンス),ムプマランガに分割された。全般に高原地帯で,南東部にはドラケンスバーグ山脈が走る。
→関連項目クリューガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスバール
とらんすばーる
Transvaal

南アフリカ共和国北東部の旧州名。1993年の暫定憲法成立により、従来の4州は9州に再編され、トランスバール州は、北部州(2003年リンポポ州と改称)、ムプマランガ州、ハウテン州の3州と北西州の東部地域に4分割された。ボツワナジンバブエモザンビークスワジランド、クワズールー・ナタール州、自由州に囲まれ、バール川リンポポ川に挟まれる。面積33万6650平方キロメートル、人口1880万4400で、内訳は白人約287万、黒人約1537万、アジア系19万7100、カラード36万2500(1995)。州都はヨハネスバーグであった。ちなみにヨハネスバーグはトランスバール州4分割後、ハウテン州の州都となっている。
 1835年ケープ植民地でのイギリスによる支配を嫌ったブーア人(オランダ系移民)の一行は内陸に北上(グレート・トレック)し、バール川以北に定着し1852年トランスバール共和国を建国した(サンドリバー協定)。1877年同共和国は一時イギリスに併合されたが、ブーア人はそれに反対し武器をもって立ち上がり独立を回復した(第一次ブーア戦争)。しかし1886年ウィトワーテルスランドに金の大鉱脈が発見されると、ケープ植民地の首相セシル・ローズはその領有のためジェームソン侵入事件(1895)、ついで第二次ブーア戦争(1899~1902)を起こした。ブーア人側はトランスバール共和国大統領クリューガーの下に団結し戦ったが敗れた(フェレーニッヒング条約)。その結果トランスバールはイギリス直轄領となったが、1906年自治政府が認められ、1909年の国民会議で連邦化が決議され、1910年南アフリカ連邦が成立し、その一州に編入された。なお同国民会議で、行政府をトランスバール州、立法府をケープ州(現西ケープ州など3州および北西州の西部地域)、司法府をオレンジ自由国州(現自由州)に置くことが決められ、プレトリアが首都となった。南アフリカ連邦成立後も金鉱業は引き続き発展し、とくに第一次世界大戦以降の同国の工業化、第二次世界大戦後のウェストランドでの新鉱脈の発見により、プレトリア・ウィトワーテルスランド・フェレーニッヒング地域(通称PWV)は同国の商工鉱業、金融の中心地となった。とくにヨハネスバーグは鉱業会議所、商工会議所をはじめ高層ビルの建ち並ぶ経済の中心地で、その近郊には同国最大の黒人居住区であったソウェトがある(1993年以降ヨハネスバーグ市の行政区に組み込まれた)。そのほかの主要都市としては、西部の柑橘(かんきつ)類栽培の中心地ゼールスト、リヒテンバーグ、北部の鉱山都市メッシーナ、農牧畜地域のルイス・トリハルト、北部の中心地ポロクワネ(リンポポ州州都。旧名ピーターズバーグ)、東部のネルスプライト(ムプマランガ州州都)、コマティ・ポールトなどがあり、北東部には南アフリカ共和国最大の動物保護区クリューガー国立公園がある。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスバールの関連キーワードガボローネ南アフリカ南アフリカ連邦ウオームバスカールトンセンターピルグリムズレストブリヘイドプレミア鉱山ミデルバーグリンポポ[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone