トランセンデンタリズム

百科事典マイペディアの解説

トランセンデンタリズム

19世紀後半,米国のニューイングランドに興った思想運動。〈超越主義〉〈超絶主義〉とも(原語はカントの先験哲学をさす場合もあり,これには〈先験主義〉との訳語をあてて区別する)。エマソンを中心に,T.パーカー,W.E.チャニングらのユニテリアン派牧師,H.D.ソローらがつどい,超経験的な直観による世界把握,自然と精神の調和,小共同体による社会改革などをめざした。ドイツ観念論とのつながりよりも,英国のロマン主義コールリジ,カーライル)やJ.エドワーズ以来の信仰復興運動の影響が強い。総じて〈ピューリタニズムの世俗化〉というアメリカ思想史の基本動向を反映するものだが,ホーソーンらアメリカ象徴主義文学への影響も大きい。
→関連項目草の葉フラー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トランセンデンタリズム【Transcendentalism】

アメリカの思想家R.W.エマソンとその周囲の文人,宗教家たちのロマン主義思想をいう。超越主義,超絶主義と訳す。エマソンの《自然》(1836)出版後,彼の周囲に集まったユニテリアン派の牧師たち(ヘッジFrederic H.Hedge,T.パーカー,リプリーGeorge Ripley,W.E.チャニングら),随筆家H.D.ソロー,教育家A.B.オールコット,批評家S.M.フラー,詩人チャニングWilliam E.Channing,ベリーJones Veryなどがその代表者である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトランセンデンタリズムの言及

【エマソン】より

…現に《自然》の語る世界像は無限の奥行きに恵まれ,不断にかなたへ向かって現在を超えつづけていく。エマソンの思想がトランセンデンタリズム(超越主義)と呼ばれるゆえんである。世界のこの自己〈超越〉は一瞬も停止することがなく,こうして限りない奥行きを得た広がりがそのまま〈人間精神の比喩〉だとされる。…

【神秘主義】より

…この近郊のアスコナもユングなどが集ったエラノス会議の開催地として知られる)などを代表とするヨーロッパでの共同体建設,ならびにタゴールやオーロビンドSri Aurobindo(1872‐1950)をはじめとするインドでのそれ,さらにまたアメリカ各地のユートピア建設へと結びついた。トランセンデンタリズムもそうした神秘主義運動の一形態と考えられるし,日本の白樺派の主導による〈新しき村〉運動なども,上記の全世界的な動向と無縁ではない。 神秘主義は現代に至って,哲学,心理学や宗教学,美学などとの関連で新しい意味をにないはじめた。…

※「トランセンデンタリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android