コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラークル トラークル Trakl, Georg

6件 の用語解説(トラークルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラークル
トラークル
Trakl, Georg

[生]1887.2.3. ザルツブルク
[没]1914.11.3. クラクフ
オーストリアの詩人。表現主義初期の代表的な存在。富裕な金物商の家に生れたが,15歳頃から麻薬に親しむなど病的生活に陥り,また末の妹と深い愛によって結ばれ近親相姦の関係にあったと推測されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トラークル(Georg Trakl)

[1887~1914]オーストリアの詩人。初期表現主義の代表者。詩集「夢の中のセバスチャン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トラークル

オーストリアの初期表現主義の詩人。麻薬にふけっていたが,第1次大戦に看護兵として従軍,戦争の悲惨さに耐えられず錯乱して自殺したとみられる。妹への近親相姦(そうかん)的感情に生涯苦しみ,その作品も暗い憂愁を常にたたえ,宿命的な〈没落〉の過程をテーマとした。
→関連項目ホリガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トラークル【Georg Trakl】

1887‐1914
初期表現主義を代表するオーストリアの詩人。ザルツブルクの商家に生まれ,ウィーン大学で薬学を学ぶが,早くから詩人をめざす。はじめフランス象徴派,印象主義などの影響のもとに,世紀末風の耽美的作品を書いたが,ランボーや新時代の作品に触れて詩風は大きく変わる。1911年インスブルックの文芸誌《ブレンナー》の編集者フィッカーLudwig von Fickerに認められ,約3年間,同誌に集中的に作品を寄稿,独自の詩境を確立し,具眼の読者の注目を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トラークル【Georg Trakl】

1887~1914) オーストリアの詩人。初期表現主義の抒情詩人。無常と破滅といったテーマを独自の暗示的な言葉で表現した詩集「詩」のほか、「夢の中のセバスチャン」「寂しき人の秋」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラークル
とらーくる
Georg Trakl
(1887―1914)

オーストリアの初期表現主義詩人。ザルツブルクの商家に生まれる。薬学を修めるが、早くから、フランス象徴主義新印象主義などの影響下に詩人を志し、初め世紀末風の耽美(たんび)的な作品を書いた。ついでランボーや新しい文学の動きに触れて詩風を一変、1912年インスブルックの文芸誌『ブレンナー』の編集者L・v・フィッカーに認められ、同誌に集中的に作品を発表した。硬質な結晶に似たことばによる澄明な響きによって、孤絶した人間や風景を内面から刻み上げる独自の叙情を確立し、『詩集』(1913)をまとめた。
 その作品の基底には、「没落」の感情が宿命的に色濃く流れており、歴史的、風土的背景を感じさせるが、その滅びの苦はしだいに内面化され、近代人の孤独と苦悩を先取りする比類ない詩表現を獲得してゆく。実妹マルガレーテとの暗い愛の関係、麻薬の常用、職業人としての不適応など、社会的には終始、疎外の重い条件を背負った生涯であった。第一次世界大戦には衛生見習士官として東部戦線に出征、激戦のさなか、精神錯乱を疑われて収容され、コカインの中毒による自殺とおぼしい死を遂げた。没後に出た第二詩集『夢の中のセバスチャン』(1914)や遺稿は、さらに深い詩人の魂の成熟を証している。[瀧田夏樹]
『ホルムート、栗崎了、瀧田夏樹編・訳『対訳トラークル詩集』(1985・同学社) ▽平井俊夫訳『トラークル詩集』(1967・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラークルの関連キーワードオーストリア併合オーストリーオーストリアン・バロック・カンパニーオーストリアワインオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケビクトリアスクエアオーストリア・マルクス主義オーストリア・スラブ主義オーストリア美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラークルの関連情報