トリム(英語表記)trim

翻訳|trim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリム
trim

船舶用語で,船の前後傾斜のこと。船首喫水と船尾喫水の差で表わす。船首喫水が船尾喫水より大きいときを船首トリム,逆のときを船尾トリム,同じときを平脚 (ひらあし) または等喫水と呼ぶ。貨物や燃料の積載の状態により,船内重量が前後に移動し,船の重心と浮心が前後に変るので,トリムが変化する。トリムは船の耐航性に重要な要素となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トリム(trim)

船が外力を受けてできる船首喫水と船尾喫水との差。縦傾斜。
船の釣り合い。バランス

トリム(Trim)

アイルランド東部、ミース州の町。ボイン川沿いに位置する。中世ノルマン人が築いた町で、今もノルマン様式トリム城が残る。現在の州都はナバンだが、中世以来、同地域の中心地だった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トリム【trim】

体力づくりのこと。トリムの原義均整のとれた状態にあることであるが,1967年にノルウェー・スポーツ連盟は,国民の健康と充実した自由時間活動のためにスポーツを奨励する運動〈Trim‐aksjon〉を開始した。同連盟のモーHüge Moeの定義によれば〈トリムは活気,楽しさ,幸福感を満たしてくれるものであり,個人あるいは集団で行われるスポーツやレクリエーション活動である〉。この運動は70年代の先進各国のスポーツ参加キャンペーンにつながった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トリム【trim】

刈り込み。手入れ。
浮かんでいる船の釣り合い。空中での航空機の姿勢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリム
とりむ
trim

スポーツや身体活動を通して、身心を調整し、健康の保持・増進を図る普及運動。トリムの原義は船のバランスを保つというノルウェー語。転じて現代人の心身のバランス回復を意味する。1967年にノルウェーのパウ・モアが提唱し、ノルウェー・スポーツ連盟によって始められた。翌68年には北欧諸国が実施、70年に西ドイツがこの運動に取り組み、以後ヨーロッパ各国をはじめ、世界に広がった。1973年にはフランクフルトで第1回トリム国際会議が開かれた。日常生活のなかにおいて、自発的にスポーツや身体活動を実践し、健康で明るい生活を行う趣旨で、西ドイツでは「スポーツによって、あなた自身をトリムしよう」と呼びかけ、いつでも、どこでも、だれでも、手軽に、自由に行う身体活動を奨励した。一流選手養成に目的を置かず、日常生活のなかで身体活動を積極的に行うことに意義を認めている。[太田昌秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリムの関連情報