コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルクメンバシ Turkmenbashi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルクメンバシ
Turkmenbashi

旧名クラスノボツク Krasnovodsk。トルクメニスタン西部,バルカン州の都市。カスピ海の東岸に湾入するクラスノボツク湾の北岸に位置する港湾都市。 1869年にロシアの要塞として建設され,96年サマルカンド方面から通じる中央アジア鉄道の終点となってから発展。同鉄道からカスピ海,ボルガ川水系へ続く通商路の積替え港で,カスピ海対岸のバクーとの間に鉄道フェリーがある。小麦,木材,消費物資を移入し,綿花,石油,水産加工品などを移出する。ネビトダグ油田から石油パイプラインが引かれ,製油,石油化学工業が発展。船舶修理,水産物加工,食肉などの工場もある。人口5万 9500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トルクメンバシ(Türkmenbaşy)

トルクメニスタン西部の港湾都市。旧称クラスノボーツク。カスピ海東岸、トルクメンバシ湾に面し、アゼルバイジャンの首都バクーとフェリーで結ばれる。鉄道交通、海運の要衝。旧ソ連時代に石油精製が始まり、工業都市として発展した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トルクメンバシ

トルクメニスタンの西部の都市。カスピ海東岸の小湾に臨む港湾都市で,かつてはクラスノボーツクと呼ばれていた。1869年にロシアの要塞として建設され,1896年にカスピ海地方と中央アジアを結ぶ鉄道の起点となって発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルクメンバシ【Turkmenbashi】

中央アジア,トルクメニスタン共和国,カスピ海東岸の港湾都市。人口5万8900(1989)。1869年ストレトフ将軍指揮下のロシア軍によって要塞として建設され,96年ここを起点とする中央アジア鉄道建設後発展した。1918年夏イギリスの革命干渉軍に占領され,付近でバクー・ソビエトの26人の人民委員が射殺された。バクーとはフェリーでつながり,綿花等の積出し,穀物・木材の搬入が行われる。石油精製・造船・食品加工業などが盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルクメンバシ
とるくめんばし
Turkmenbashi

中央アジア、トルクメニスタン共和国にある都市。旧称クラスノボーツクKrasnovodsk。人口6万3000(1995)。カスピ海東岸、トルクメンバシ湾(クラスノボーツク湾)北西部に位置する港町で、カスピ海西岸の都市バクーとは海上交通で結ばれている。トランス・カスピ鉄道、中央アジア鉄道の起点で、貨物積換え地として重要な役割を果たす。精油、石油化学、造船、食品(魚・食肉加工)などの工業が発達。1869年に帝政ロシアの軍事拠点として誕生し、ソビエト政権の樹立後、パイプラインの設置により石油精製工場がつくられ、化学工業都市となった。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トルクメンバシの関連キーワードスイルダリヤ州アシガバートバイラムアリマルイ州マルイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android