コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルティーヤ トルティーヤ 〈スペイン〉tortilla

4件 の用語解説(トルティーヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トルティーヤ(〈スペイン〉tortilla)

メキシコ料理で、トウモロコシ粉をこね、薄くのばして焼いたもの。タコスに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

トルティーヤ【tortilla(スペイン)】

メキシコで主食にする、とうもろこしの粉に水・塩・石灰を加えてこね、薄く円形にのばして焼いた食品。小麦粉を混ぜて作ったものや、小麦粉で作ったものもある。料理とともにそのまま食べるほか、タコスエンチラーダなどにする。
スペイン風オムレツスペイン風オムレツ
◆「トルティージャ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トルティーヤ【tortilla】

スペイン風オムレツ。
メキシコ料理で、トウモロコシ粉を水でとき、薄焼きにしたもの。肉や野菜を包んで食べる。トルティリャ。 → タコス

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルティーヤ
とるてぃーや
tortillaスペイン語

メキシコで主食とされている、トウモロコシの練り粉マサmasaでつくられた丸い煎餅(せんべい)状の食べ物。トルティーリャ、トルティージャともいう。トルティーヤは、スペインでは卵焼きを意味するが、この卵焼きはメキシコではトルティーヤ・デ・ウエボ(卵のトルティーヤ)とよばれる。近ごろは小麦粉製のトルティーヤ・デ・アリナがしだいに多くなってきている。つくり方は、乾燥したトウモロコシの粒を石灰をいれた水に浸し、メタテ(皿状の石臼(いしうす))とマノ(石棒)ですりつぶしマサをつくる。これを両方の手のひらでたたいて、適当な大きさの薄い円盤状にする。これをコマルという平たい土製、または鉄製の鍋(なべ)で軽く焼く。円板状にのばすプレス機も普及していて、大量生産の製品も多い。トルティーヤは、焼きたての温かいものでないと味がおちるため、布に包むか、チキウィテという籠(かご)に入れて保温し、テーブルに出される。食べ方は、パンのようにそのまま食べる方法が基本であるが、ソースなどをつけて食べることもある。薄くて丸い形を利用し、材料を中に巻き込んだり、上にのせたり、二つに折ってはさんだり、ちぎって使ったりもする。これに焼く、煮る、揚げるなどの調理法と多くの材料を組み合わせると、トルティーヤ料理には多くの種類ができる。タコスtacosはその代表的なもので、肉、魚貝類、野菜などなんでも包んで食べる方法である。また、エンチラーダスenchiladasといい、トルティーヤで具を巻き、キャセロール(洋風の蓋(ふた)付き陶製焼き鍋)に並べて、チリ(とうがらし)ソースをかけてオーブンで焼く料理も人気が高い。[田中伶子]
『繁盛店メニュー戦略編集部編『エスニック料理』(1988・同明舎出版) ▽『食材図典』(1995・小学館) ▽主婦の友社編集部編『料理食材大事典』(1996・主婦の友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルティーヤの関連キーワードコーンフラワー砂糖蜀黍玉蜀黍色マサもろこし村焼きもろこしトウモロコシ粉モザイク病(ソルガム・スーダングラス)タマーレス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トルティーヤの関連情報