コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルヒーヨ トルヒーヨ Trujillo

8件 の用語解説(トルヒーヨの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルヒーヨ
トルヒーヨ
Trujillo

ベネズエラ北西部,トルヒーヨ州の州都。同国最大の湖マラカイボ湖の東岸から約 70km東,メリダ山脈北部にあり,標高約 800m。 1556年建設。植民地時代は物資輸送の中継地として繁栄。現在周辺の肥沃な農業地帯の中心地で,カカオトウモロコシコーヒーサトウキビタバコ,果実などを集散。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トルヒーヨ
トルヒーヨ
Trujillo

ペルー北部,ラリベルタド県の県都。首都リマの北北西約 500km,太平洋沿岸の海岸砂漠にある。スペイン人が建設したペルーの都市のなかでは北のピウラに次いで古く,1534年建設。 19世紀周辺に外国資本によりサトウキビの大農場が開設されて以降,人口が急速に増加,現在同国の主要都市の一つとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トルヒーヨ
トルヒーヨ
Trujillo

ホンジュラス北部の都市。コロン県の県都。首都テグシガルパの北北東約 250km,カリブ海にのぞむ港湾都市で,トルヒーヨ湾南岸に位置する。 1525年に建設され,スペイン植民地ホンジュラス地方の最初の首都とされ,特に 17世紀初めに繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トルヒーヨ(Trujillo)

トルヒーリョ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トルヒーヨ

ドミニカ共和国の軍人,政治家。〈ストロングマン〉と呼ばれた独裁者。1930年クーデタによって政権を掌握,大統領任期中(1930年―1938年,1943年―1952年)を含め31年間独裁政治を続けたが,1961年5月暗殺。
→関連項目サン・クリストバル(ドミニカ共和国)サント・ドミンゴドミニカ共和国

トルヒーヨ

ペルー北西部,太平洋岸の都市。製糖,食品加工自動車工業などが行われ,商業の中心。太平洋岸に外港サラベリをもつ。1536年スペイン人が創設した古都。近くにプレ・インカピラミッドやチャンチャンの遺跡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トルヒーヨ【Trujillo】

ペルー北西部,ラ・リベルタ県の県都。人口50万9312(1993)。首都リマの北西551km,太平洋に注ぐモチェ川の河口近くにある。1536年ピサロによって建設され,彼の生地の名がつけられた。付近はサトウキビ栽培が発達し,市はその中心にあり,商業活動が盛んである。製糖・製紙・ラム酒・自動車工業などが発達する。市内に考古博物館,1824年創立の大学があり,近くにプレ・インカの遺跡チャンチャン,南には外港サラベリーがある。

トルヒーヨ【Rafael Leonidas Trujillo】

1891‐1961
ドミニカ共和国の軍人,政治家。〈ストロングマン〉と呼ばれた。1930年に陸軍参謀長のとき,アメリカ海兵隊の支持のもとでクーデタによって権力の座につき,大統領任期中(1930‐38,43‐52)を含め,31年間の長期にわたって独裁政治をほしいままにしたが,61年5月に暗殺された。その間ドミニカ党を結成して一党独裁を実施し,経済面でも製糖,牧畜,練乳,清涼飲料,コーヒー栽培,鉱業,製靴,セメント生命保険など国民経済のあらゆる分野を掌中におさめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトルヒーヨの言及

【サント・ドミンゴ】より

…19世紀初頭ハイチの独立革命の際,一時スペインの統治下から離脱したことがある。1931年独裁者トルヒーヨが権力の座につくと,サント・ドミンゴ市からトルヒーヨ市に改称されたが,61年の彼の暗殺後,元の名に復帰した。【神代 修】。…

【ドミニカ共和国】より

… 20世紀に入ると,ドミニカ共和国を資本・商品輸出市場とするアメリカが権益を保護する口実で1916年に海兵隊を派遣し,その占領が24年まで続いた。そして30年から61年まで,アメリカ海兵隊の支援を得たトルヒーヨ大統領の独裁体制が敷かれた。同大統領が暗殺されると62年に30年ぶりに大統領選挙が行われ,ドミニカ革命党のフアン・ボシュが選出されたが,1年足らずで軍事クーデタで倒された。…

※「トルヒーヨ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トルヒーヨの関連キーワードアームストロング砲イーストロンドンサントドミンゴドミニカ共和国ドミニカ移民訴訟ドミニカイスパニョーラ島サラールドミニカ移民問題ボシュ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トルヒーヨの関連情報