コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルヒーヨ Trujillo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルヒーヨ
Trujillo

ベネズエラ北西部,トルヒーヨ州州都。同国最大の湖マラカイボ湖の東岸から約 70km東,メリダ山脈北部にあり,標高約 800m。 1556年建設。植民地時代は物資輸送の中継地として繁栄。現在周辺の肥沃な農業地帯の中心地で,カカオトウモロコシ,コーヒー,サトウキビタバコ,果実などを集散。市内には製粉,魚肉加工などの工場がある。人口3万 2683 (1990推計) 。

トルヒーヨ
Trujillo

ペルー北部,ラリベルタド県県都。首都リマの北北西約 500km,太平洋沿岸の海岸砂漠にある。スペイン人が建設したペルーの都市のなかでは北のピウラに次いで古く,1534年建設。 19世紀周辺に外国資本によりサトウキビの大農場が開設されて以降,人口が急速に増加,現在同国の主要都市の一つとなっている。周辺のモチェ川河谷の灌漑農業地帯ではサトウキビやイネの栽培が盛んで,市はそれらの農産物の集散,加工を行うとともに,各種食品,ビール,皮革,繊維,石鹸などを製造する。市街は 1612年の地震で大きな被害を受けたが,現在大聖堂をはじめとする古い建築物も多数保存されており,植民地時代の面影をとどめている。南東郊には先インカ期に栄えたチムー王国の首都チャンチャン遺跡があり,市内にある国立トルヒーヨ大学 (1824) の考古学博物館にはチムー,モチーカなどのアンデス文明に属する土器などが集められている。パンアメリカン・ハイウェーが通り,アンデス山中へ延びる道路が分岐する。人口 53万 2000 (1990推計) 。

トルヒーヨ
Trujillo

ホンジュラス北部の都市。コロン県の県都。首都テグシガルパの北北東約 250km,カリブ海にのぞむ港湾都市で,トルヒーヨ湾南岸に位置する。 1525年に建設され,スペイン植民地ホンジュラス地方の最初の首都とされ,特に 17世紀初めに繁栄。 1643年にオランダの海賊に占拠されてのち荒廃。 1787年スペイン人が入植して町を再建。現在商業中心地として,バナナ,ココナッツ,マホガニー材,皮革などを集散。 1920年以降,港湾機能は湾の北岸につくられたプエルトカスティヤに移った。人口 5547 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トルヒーヨ

ドミニカ共和国の軍人,政治家。〈ストロングマン〉と呼ばれた独裁者。1930年クーデタによって政権を掌握,大統領任期中(1930年―1938年,1943年―1952年)を含め31年間独裁政治を続けたが,1961年5月暗殺。
→関連項目サン・クリストバル(ドミニカ共和国)サント・ドミンゴドミニカ共和国

トルヒーヨ

ペルー北西部,太平洋岸の都市。製糖,食品加工,自動車工業などが行われ,商業の中心。太平洋岸に外港サラベリをもつ。1536年スペイン人が創設した古都。近くにプレ・インカのピラミッドやチャンチャンの遺跡がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルヒーヨ【Trujillo】

ペルー北西部,ラ・リベルタ県の県都。人口50万9312(1993)。首都リマの北西551km,太平洋に注ぐモチェ川の河口近くにある。1536年ピサロによって建設され,彼の生地の名がつけられた。付近はサトウキビ栽培が発達し,市はその中心にあり,商業活動が盛んである。製糖・製紙ラム酒・自動車工業などが発達する。市内に考古博物館,1824年創立の大学があり,近くにプレ・インカの遺跡チャンチャン,南には外港サラベリーがある。

トルヒーヨ【Rafael Leonidas Trujillo】

1891‐1961
ドミニカ共和国の軍人,政治家。〈ストロングマン〉と呼ばれた。1930年に陸軍参謀長のとき,アメリカ海兵隊の支持のもとでクーデタによって権力の座につき,大統領任期中(1930‐38,43‐52)を含め,31年間の長期にわたって独裁政治をほしいままにしたが,61年5月に暗殺された。その間ドミニカ党を結成して一党独裁を実施し,経済面でも製糖,牧畜練乳清涼飲料,コーヒー栽培,鉱業製靴セメント生命保険など国民経済のあらゆる分野を掌中におさめる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトルヒーヨの言及

【サント・ドミンゴ】より

…19世紀初頭ハイチの独立革命の際,一時スペインの統治下から離脱したことがある。1931年独裁者トルヒーヨが権力の座につくと,サント・ドミンゴ市からトルヒーヨ市に改称されたが,61年の彼の暗殺後,元の名に復帰した。【神代 修】。…

【ドミニカ共和国】より

… 20世紀に入ると,ドミニカ共和国を資本・商品輸出市場とするアメリカが権益を保護する口実で1916年に海兵隊を派遣し,その占領が24年まで続いた。そして30年から61年まで,アメリカ海兵隊の支援を得たトルヒーヨ大統領の独裁体制が敷かれた。同大統領が暗殺されると62年に30年ぶりに大統領選挙が行われ,ドミニカ革命党のフアン・ボシュが選出されたが,1年足らずで軍事クーデタで倒された。…

※「トルヒーヨ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トルヒーヨの関連キーワードピサロ(Francisco Pizarro)カストロ(Fidel Castro Ruz)サン・クリストバル(ドミニカ共和国)ラファエル ラルコ・オイレアヤ・デ・ラ・トーレアヤ・デ・ラ・トーレJ. バラゲイルE. ツィエラーチャンチャン遺跡サンクリストバルドミニカ革命党サントドミンゴチャチャポヤストルヒィーヨアンデス山脈ドミニカ内戦J. ボシュカハマルカバラゲールモチェ文化

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルヒーヨの関連情報