コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレーシー トレーシーTracy, Spencer

3件 の用語解説(トレーシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレーシー
トレーシー
Tracy, Spencer

[生]1900.4.5. ウィスコンシンミルウォーキー
[没]1967.6.10. カリフォルニアビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の映画・舞台俳優。フルネーム Spencer Bonaventure Tracy。1922年にニューヨークへ行き,同年ブロードウェーの舞台でデビュー。1930年死刑囚を演じた"The Last Mile"で高い評価を受け,ジョンフォード監督の映画『河上の別荘』Up the River(1930)に起用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレーシー【Spencer Tracy】

1900‐67
アメリカ映画俳優ハリウッドでもっとも芸域の広い名優として尊敬された。ウィスコンシン州ミルウォーキー生れ。初め聖職者を志したが,学生芝居で主役を演じてから俳優を志し,ハリウッドのトップスターの一人となった。1935年にMGMへ移ってから芸域の広さを示す作品に恵まれ,とくにビクターフレミング監督の《我は海の子》(1937)とノーマン・タウログ監督の《少年の町》(1938)でアカデミー賞の歴史で最初にして唯一の2年連続アカデミー主演男優賞の受賞者となり,その後も《桑港》(1936),《花嫁の父》(1950),《日本人の勲章》(1955),《老人と海》(1958),《ニュールンベルグ裁判》(1961),《招かれざる客》(1967)でノミネートされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレーシー
とれーしー
Spencer Tracy
(1900―1967)

アメリカの映画俳優。4月5日、ウィスコンシン州ミルウォーキーに生まれる。アメリカ演劇アカデミーに学んでブロードウェーの舞台に立ち、1930年にハリウッドへ招かれ、性格的な映画演技に専念した。牧師や主人公の親友など男性的で強固な意志をもつ役を得意とし、中年以後はキャサリン・ヘップバーンと組んだ都会喜劇が評判をよんだ。『我は海の子』(1937)、『少年の町』(1938)と連続してアカデミー主演男優賞を獲得。ほかの代表作に『大草原』(1947)、『老人と海』(1958)、『招かれざる客』(1967)など。[日野康一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトレーシーの言及

【ヘプバーン】より

… しかし,MGMに移って,ブロードウェーの舞台でも主役を演じた《フィラデルフィア物語》(1940)がヒットし,ニューヨーク映画批評家協会の女優賞を受賞。《女性No.1》(1942)でスペンサー・トレーシーと初めて共演,トレーシーとはその後9本の映画に共演して,ハリウッド屈指のコンビといわれた。ブロードウェーやロンドンで舞台に意欲を示しながら《アフリカの女王》(ジョン・ヒューストン監督,1951),《旅情》(デビット・リーン監督,1955),《去年の夏突然に》(ジョセフ・マンキーウィッツ監督,1959)などの優れた作品を選んで映画に出演し,《夜への長い旅路》(1962)ではカンヌ映画祭の女優賞を受賞した。…

※「トレーシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トレーシーの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トレーシーの関連情報