コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トートロジー トートロジーtautology

翻訳|tautology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トートロジー
tautology

文法的には同じ語の無意味な反復をいうが,論理学では,経験的知識の内容とはかかわりなく,必然的に真として成立する命題,ないしその関数関係をいう。常に無条件的に真であるから,恒真式とも呼ばれる。また命題構造としては,主辞に含まれている内容を賓辞がただ析出するだけであるから,分析文とも呼ばれる。トートロジーの論理学的重要性は現代論理学の発展によって認められるようになった。記号論理学は結局,数個のトートロジーの公理式と,これらの公理からほかのトートロジーを導き出すための規則とによって構成された,巨大なトートロジーの体系である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トートロジー(tautology)

同語反復
命題論理で、要素となる命題の真偽がいかなるものであっても、常に真となるような論理式。恒真式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トートロジー【tautology】

同語反復命題ともいう。恒真命題と同じ意味で使われることが多い。ある種の命題(記述文)は,言語外の世界と照合することなしに,文字づらの上から真となることができる。例えば〈父親は男である〉〈地球は太陽よりも小さいか,小さくないかのどちらかだ〉〈もしソクラテス哲学者でありかつソクラテスが刑死したなら,刑死した哲学者が存在する〉等である。こういった命題のうちとくに,その論理構造のゆえに真となるものをトートロジーという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トートロジー【tautology】

特に繰り返したからといって何の意味も明瞭さも付け加えないような同じ言葉の繰り返し。同語反復。
〘論〙 変項の値のいかんにかかわらず、常に真であるような論理式。論理学の規則の体系自身もトートロジーの集合とみなされる。恒真式。恒真命題。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トートロジー
とーとろじー
tautology英語
Tautologieドイツ語
tautologieフランス語

ギリシア語での「同語反復」に由来することばである。正しいことがすぐにわかるような単純な命題のことを「それはトートロジーにすぎない」ということがある。「犬が西向きゃ尾は東」などは、この意味でトートロジーである。
 命題論理では、命題論理の記号と文変項とを連ねてつくった合成文の形式のうち、文変項に代入される文の正しさをどのように決めてもつねに合成文が正しくなるようなものを「トートロジー」という。簡単な例として「A∨(¬A)」をあげることができる。ここで「∨」は選言記号、「¬」は否定記号である。これは伝統的論理学でいう排中律にあたる。トートロジーの形式の実例になる文のことも「トートロジー」とよぶことがある。文変項や論理記号を何回も繰り返すことによりつくられた長い合成文の形式になるとトートロジーであるかどうかが一目ではわからないこともあるが、時間をかけることをいとわなければ、それを決定するための機械的な判定法が存在している。[吉田夏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトートロジーの言及

【命題論理学】より

…しかし実際に彼らが考えていたものは,今日われわれの理解する恒真式にほかならない。なお,恒真式の型にはまっている命題を恒真命題,あるいはトートロジーと呼ぶことがある。述語論理学【坂井 秀寿】。…

※「トートロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トートロジーの関連キーワード同語反復命題論理哲学論考命題論理学吉田夏彦ラムゼー妥当性命題算完全性必然性右と左対偶

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android